FC2ブログ
東京電力が毎日HPで発表している汚染水のデータですが、非常に不思議なことがあります。

私が今理解していることでは、原子炉で起こる反応は、ウラン235が核分裂してI-131やCs-137などができる。しかし、3/11に制御棒を入れて核分裂反応を止めたので、その後はI-131は新たに出ていない。だから、I-131は半減期8日に従って徐々に下がってくる。

というものでした。実際に、これまでのデータは、環境放射線のデータも海洋汚染のデータもすべてI-131の減衰が半減期8日というもので説明できる挙動をしていました。3月中旬は測定値のベクレルでいうと、I-131/Cs-137=5~10でした。それが4月上旬にはI-131/Cs-137=1とほぼ等しくなり、現在はI-131/Cs-137<1になってきています

ところが、数日前から気になっているのですが、一つだけその挙動を示さず、I-131の量が減らないものがあります。それは、2号機からのスクリーン海水の濃度と、2号機のサブドレン排水です。これが意味するところは何でしょうか?



【5/5 いつまでも減らないI-131の謎 その1】の続きを読む

にほんブログ村 科学ブログへ←日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking