FC2ブログ
下記の毎日新聞のニュースによると、つくば市でも132カ所の教育施設で独自に放射線量を測定するそうです。

毎日.jp
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110527ddlk08040161000c.html

これは、茨城県が各市町村にPA-1000Radi(株式会社 堀場製作所)という放射能測定器を配布したために、独自の測定ができることになったものです。


【5/27 つくば市の全小中学校の放射能測定始まる!】の続きを読む

にほんブログ村 科学ブログへ←日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
twitterで教えてもらったのですが、北海道大学大学院環境科学院で行っている大気放射性物質量測定のページで、おしょろ丸という船が下北半島沖で行った海水調査の結果を公開してくれています。

おしょろ丸による海水の結果
http://geos.ees.hokudai.ac.jp/eesatom/index.html#h

これは、渡辺准教授の以下のようなポリシーにもとづくものです。

http://geos.ees.hokudai.ac.jp/yywata/column/110415tohitsuzui.html
『(前略)・・・そして、いま、海洋学、地球化学にその真価が求められている。海洋学者、地球化学者が今やらなくて、いつやるのか。

広域で詳細な放射性物質の分布調査やそのメカニズム研究など、何年もかかる研究、それに伴う莫大な研究費の獲得、著名な学術雑誌への成果発表。研究者としては重要な研究の一環となるであろう。しかし、それだけではいけない。それのみを今求められてはいまい。研究者だけが焼け太り、社会と隔絶した研究者の内輪の中での自己完結であってはいけない。その先には何もない。自己完結の先には、社会から見放され、学者内での信用は高まるかもしれないが、社会の中での信用は地に落ちよう。

これまでに培ってきたその知識と技術を、今まさに、社会に還元すべきときである。今そこにある危機。学者の学者たる真価が問われている。今こそ、真価を発揮すべき海洋学、地球化学。 今やらなくて、いつやるのか。』

いいですね。この姿勢。こういう人がもっといっぱいいるはずです。


【5/27 海水の放射能をmBq/Lの感度で測定しているところがあった!】の続きを読む

にほんブログ村 科学ブログへ←日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村
関連記事

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking