FC2ブログ
 
昨年私は、「福島第一原発2号機の謎に迫る(仮題)」として一連のシリーズを書いてきました。その中でもメインの話の一つが今回書き直す2011年4月の2号機スクリーンから海への高濃度汚染水の漏えい事故の経緯です。この事故さえなければ、今の福島県の漁業への被害の多くは防げただろうと思える重大事故ですから、国民は本当のことを知っておく必要がありますが、まだ真実は明らかになっていません。

そのことが、今年6月の港湾部地下水からの高濃度トリチウムあるいはストロンチウム(全β)発見での大騒ぎにつながっているのです。私自身は今回の地下水観測孔からの高濃度の放射性物質発見は予想通りだったので驚きませんでしたが、さらなる調査により2年前の真実解明につながる可能性があると考えて事態の進展を見守っています。

7/5に「2年前の2号機スクリーン漏洩事故の謎に再度挑戦! 予告編」で予告したように、今回から数回にわたって、昨年5月に書いた「2号機からの海洋漏洩はいつ始まったのか?(2)細かく検証してみましょう Aバージョン」「2号機からの海洋漏洩はいつ始まったのか?(2)細かく検証してみましょう Bバージョン」を書き直して再検証していきます。

もともと「福島第一原発2号機の謎に迫る(仮題)」シリーズの一つだったため、わかりにくいところがあるかもしれませんが、その場合はこのシリーズの他の回を読んでみてください。きっとわかるようになると思います。

昨年書いた内容と重複する部分もかなりありますが、新しい情報と新しい考察を加えて、再度2年前の事故の謎に迫りたいと思います。そして、このところ話題となっている港湾付近の地下水観測孔との関係についても考察しようと思います。

週に1回くらいの更新の予定です。本日は第1回で、新しい情報も踏まえて何が起こったのか、公開された情報から多少の推論を加えて事実を確認していきたいと思います。そのための重要な情報源は、2013年2月に東京電力が公開してくれた大量の写真です。写真が多いので分量はかなり多くなっていますから、お時間のある時にじっくりとお読み下さい。


【2号機からの海洋漏洩の真実は?2年前の漏洩事故を再検証(1)】の続きを読む

にほんブログ村 科学ブログへ←日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking