スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/2 母乳の放射性物質濃度の調査

もう2日前のことですが、厚労省から母乳に含まれる放射性物質の調査結果が発表されています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001azxj.html

もともとは、4/20に、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」の調査で母乳中から放射性セシウムや放射性ヨウ素が検出された、ということで話題になり、枝野官房長官の記者会見で、厚労省に調査を命じた、というコメントがあったものです。



20日の調査においては、市民団体が千葉、宮城、福島、茨城県内の女性9人から母乳の提供を受けました。

3月24日と30日に1人約120~130ccずつ採取した母乳を、文部科学省の放射能測定マニュアルに基づき、民間の放射線測定会社で分析しました。

その結果、千葉県柏市の産後8カ月の女性から36.3Bq/kg、茨城県守谷市の女性から31.8Bq/kgを検出。茨城県つくば市の女性2人からも、それぞれ8.7Bq/kg、6.4Bq/kgを検出。なお、24日に31.8Bq/kgが検出された守谷市の女性は2回目の検査で8.5Bq/kgに低下したということでした。

以上、産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110421/trd11042107040001-n1.htm

さて、今回の厚労省の検査結果はどうだったでしょうか?

今回の調査では、4/24または4/25に母乳を採取しました。調査の対象は、23名(福島県4名、茨城県9名、千葉県2名、埼玉県1名、東京都7名)の母乳中の放射性物質濃度を検査しました。

検査結果はここ。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001azxj-img/2r9852000001b01o.pdf

放射性ヨウ素は23名中7名から検出されました。数値としては、8.0、3.5、3.0、2.3、2.3、2.3、2.3、2.2(Bq/kg)であり、これは検出限界の約20.Bq/kgギリギリです。従って、検出限界以下とはいえ、たとえば検出限界が2.0Bq/kgで実際は1.8Bq/kgだった人がいる可能性もあると思ってください。全員、あるいはかなりの人に微量は含まれている可能性があると思った方がいいです。

放射性セシウムは一人だけ2.4Bq/kg検出されました。ただし、この人は3/11-14は原発から30km圏内に住んでいたということで、特別に考える必要がありそうです。ちなみにこの人の放射性ヨウ素の数値は3.5Bq/kgでした。

市民団体の調査結果でも、守谷市の女性が3/24に31.8Bq/kgだったのが3/30には8.5Bq/kgに低下しています。3/24というのは、ちょうど飲料水の放射性ヨウ素の検出があって大騒ぎになったときです。23日に守谷市の水道で80.1Bq/kgの放射性ヨウ素が検出されています。ですから、その前に降った雨の影響などで、飲み水などに混入していたのが母乳中にも出てきたのでしょう。

さて、ここで放射性ヨウ素の半減期が8.0日であることを思い出してください。半減期が8日とすると、8日で半分、32日経つと1/16=0.0625倍になります。3/24から4/25までは32日ありますよね。では、4/25に2.3Bq/kg(検出された7人のうち3人が2.3Bq/kgです)あった放射性ヨウ素は、32日前にはどれだけあったかということは計算すればすぐに出ます。2.3÷0.0625=36.8Bq/kg。

つまり、4/25に2.3Bq/kgの放射性ヨウ素が検出された母乳は、単純計算すると、32日前の3/24には36.8Bq/kgあったということになります。

何を言いたいかというと、数字としては1ヶ月経っているので低く出ていますが、市民団体の調査で3/24に36.3Bq/kgの放射性ヨウ素が検出された人は、32日後の4/25には2.3Bq/kgの放射性ヨウ素が検出されても計算上はおかしくないということです。

この二つの調査は、一ヶ月経っているために違う結果が出ているように見えるが、実はほぼ同じデータを表しているということを読む側が理解しないといけないということです。この23人を3/24に調査したら、少なくとも7人は30Bq/kg以上の放射性ヨウ素が検出されたと思います。

だから何なの?といわれると困るのですが、見かけ上の数値に惑わされないで欲しいと言うことです。特に放射性ヨウ素(I-131)のように半減期の速いものは、3/11から50日もたった今では1/75に減衰していますので、データの解釈には注意が必要だということです。

ただ、今後のことを考えた場合は別です。今から過去のことをどうこう言ってもしかたがなく、現在のデータとして検出限界以下であれば、お母さんが新たに取り込まない限りこれ以上は母乳中の放射性ヨウ素は増える可能性はないので、放射性ヨウ素については今後のことはそれほど気にする必要はないと個人的には思います
関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。