スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の茨城県の震源マップ発見!:補足-全国版がありました!

この間、防災科学技術研究所(防災科研:NIED)のHPに、最近の地震のデータをいつでも地図上で表示できるツールがあるとご紹介しました。

「最近の茨城県の震源マップ発見!」http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-80

このときは、茨城県中心の地図しかリンクを載せていなかったのですが、実は全国どこの都道府県でも同じような情報が取り出せるシステムがあることがわかったので、追加の情報としてお知らせします。



Hi-net自動処理震源マップ
http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/

防災科学技術研究所のHPからもリンクで飛べます。Hi-net(高感度地震観測網:http://www.hinet.bosai.go.jp/)やK-net(強震ネットワーク:http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/)は防災科研が中心になって作っている地震観測のネットワークで、地震のデータについては、実は防災科研の観測網(地震計)が8割で、あとは気象庁の観測網だそうです。ですから、防災科研で集めたデータは気象庁に提供して、気象庁で集計しているそうです。

さて、上でご紹介した自動処理震源マップですが、下記のような図が出てくるので、あとは「広域」「都道府県」「期間」を選択すると、自分の住んでいる場所、あるいは興味のある場所の過去(24時間、)7日間、30日間の地震の震源が円で表示されます。注意する点は、色は深さを表しており、地震の大きさではないことです。地震の大きさは円の大きさで表されます。

私の個人的要望としては、これにマグニチュードでしきい値をもうけて、たとえばM5以上を表示する、というように選択できると、小さい地震をカットして見やすくなるのでもっと使い勝手が上がって一般市民も興味を持ってくれると思いました。K-netでデータをダウンロードして加工すればできるようですが、とても普通の人には簡単にできないので、サービスとして加えて欲しいです。

防災科研Hi-net



関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。