スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/4 海洋放射能汚染-海底土壌の汚染その1

昨日、東京電力のHPで、海洋の海底土の放射性物質の分析結果が報告されました。
昨日はうっかり見逃していました。

http://www.tepco.co.jp/cc/press/11050306-j.html

これも、グリーンピース・ジャパンの記者会見によれば、グリーンピース・ジャパンが調査したいと言ったので、それをさせないためにあわててモニタリングをすることになったようです。

今日はこの話を書きます。ひょっとすると一つのシリーズになるかもしれません。なので「その1」としました。
東京電力の発表によれば、小高区沖合3kmと岩沢海岸沖合3kmの海底で、4/29に採取したものだそうです。

場所を念のため確認しておきます。小高区というのは福島第一原発よりも北側、岩沢海岸というのは福島第二原発よりも南側です。下図を参照してください。
5/4海底土壌図

こちらもどうぞ。
Google Map 海底土壌のサンプリング

実際のデータは、
小高区沖合3km
I-131   190Bq/kg
Cs-134  1300Bq/kg
Cs-137  1400Bq/kg

岩沢海岸沖合3km
I-131   98Bq/kg
Cs-134  1200Bq/kg
Cs-137  1200Bq/kg

ちなみに、この日のサンプリングでは、海洋水(表層)のデータは下記の通りです。
小高区沖合3km
I-131   5.2Bq/kg
Cs-134  20Bq/kg
Cs-137  19Bq/kg

岩沢海岸沖合3km
I-131   12Bq/kg
Cs-134  45Bq/kg
Cs-137  40Bq/kg

これだけのデータで、何が言えるのか、データ不足でよくわかりませんが、考えられることを述べておきます。
ただ、福島原発から北の海底からも南の海底からも検出されたということは、どちらの方向にも汚染が広がっているということであり、他の地点についてもサンプリングをする必要があるのは確かだと思います。今後も東京電力には継続的かつ広範囲の海底土壌のサンプリングを求めたいと思います。

沖合3kmにおいては、表層を漂っている放射性物質よりも、海底に落ちて堆積している放射性物質の方が数10倍多いこと(事実)
※5/6追記:海底土の場合は、その日までの堆積を全て考慮する必要があるので、その日の海水のデータと直接比較して何倍ということはあまり意味がないことに気がつきました。「5/5 海洋放射能汚染-海底土壌の汚染その2」参照のこと。

・海底に堆積するということは、ヒラメのような海底を泳いでいる魚が今後汚染される可能性もあること。
(ただし、下記に載せた水産庁の講演会資料では、その汚染はないということになっています。その根拠は不明です。)
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/pdf/110331_2suisan.pdf

水産庁講演資料

これについてはどう考えるべきなのか、もう少し調べてみたいと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。