スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/10 原発事故で土壌汚染は?その3:茨城県の牧草も汚染!

本日、茨城県の石岡市で、基準値を超す放射性セシウムが牧草から検出されたそうです。

毎日新聞のWeb
http://mainichi.jp/select/science/news/20110511k0000m040049000c.html

茨城県のHP
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/nousanbutsu/20110510_01/


5/9に採取したサンプルを測定して、本日結果が出たそうです。

県北地区:常陸大宮市
放射性ヨウ素:11Bq/kg 放射性セシウム:148Bq/kg

県央・鹿行地区:石岡市
放射性ヨウ素:17Bq/kg 放射性セシウム:340Bq/kg

県南・県西地区:境町
放射性ヨウ素:11Bq/kg 放射性セシウム:99Bq/kg

乳用牛(経産牛及び初回交配以降の牛)及び肉用牛(出荷前15か月以降の牛)の牧草の放射性セシウムの暫定基準値が300Bq/kgですから、基準値を上回ることになります。
(ちなみに、その他の牛(乳用牛及び肉用牛以外の育成牛、繁殖牛等の場合)は5,000Bq/kgですが、この区分はよくわかりません。)

この結果を受け、茨城県は追加調査を行うことにしたそうです。確かに、もっと多くの地点で調査をして欲しいです。ついでに土壌の調査も再度して欲しいです

石岡市は県央、鹿行地区に分類されていますが、実は県南地区に分類されるつくば市とはお隣さんです。なので、つくば市民としては非常に気になります

やはり土壌の問題についてももう少し真剣に調べないとだめかなあ。

今日はじっくり調べる時間がないので、とりあえず「4/10 原発事故で土壌汚染は?」で書いた時の図を再度載せておきます。これを見ると、確かに石岡市付近の土壌は328Bq/kgあるんですよね。ただし、土壌中の放射性セシウムが全て草の中に移動するわけはないので、コメの場合は1/10とされています。牧草などの草はどうなのでしょうか?福島県にきっと土壌と牧草がセットで測定された場所があるはずです。それを調べればどれくらい牧草に移行するのかわかるはず。

茨城県土壌データ4/8



関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。