スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/11 海洋放射能汚染:その45 2号機の汚染水はほとんど流出していた?

アサヒ・コムの記事が非常に気になることを書いてあるので紹介します。

さきほどの3号機からの汚染と合わせて、気になるニュースです。

汚染水フェンス手遅れ 福島第一、設置前に外洋に拡散
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105110215.html



おいおい、本当かよ!というような見出しですが、

『東京電力福島第一原発から海へ流出した高濃度の汚染水に含まれる放射性物質は、ほぼすべてが外洋に拡散してしまった可能性が高いとの見方を、経済産業省原子力安全・保安院の関係者が明らかにした』

ということです。いつの記者会見で言ったのか、あるいは取材してあきらかになったのかが書いていないので、どこまで本当の話なのかわかりません。そのつもりで読んでください。そのうちに正式に文書で発表されたらまたご紹介します。

2号機の高濃度汚染水の流出は止まっているということはデータとしても裏付けられています。穴をふさいでだだ漏れが止まったと報告があった4/6以降、海水の濃度はどんどん下がってきています。従って、現在は(今日の3号機からの新たな漏出を除けば)もう流出はほぼとまったと言えると思います(これまでがあまりにも大量だったので、微量のもれがあってもわかりません)。

私がこの記事でおかしいと思うのは、高濃度の汚染水はまだまだ残っているはずなのに、全て流出してしまったなどと言っている点です。現在も、大量の汚染水がピットやサブドレンにあるはずです。

ただ、東京電力はデータを持っているでしょうから、「あのときほどの高濃度の汚染水はもうなくなった」ということなのかもしれません。サブドレンで昨日も観測された、15000Bq/kgのCs-137など、4/2のピットにあった、120000000Bq/kg(1億2千万ベクレル/kg)の「高濃度」汚染水に比べれば確かに1/10000の濃度しかありません。

でも、15000Bq/kgのCs-137といえば、充分に高濃度です。もう彼らは感覚が麻痺してしまったのでしょうか?

こちらも、敦賀原発の2号機から放射能漏れで41億ベクレルももれたと聞いても、これまでが1京(1兆の10000倍)とか、信じられない数字を聞いているので、それに比べると少ないな、と感じてしまい、感覚がおかしくなってきているのを感じます。

2号機の汚染水騒動はともかく収束してくれたようですが、今度は3号機か?という状況です。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。