スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/18 荒茶の放射能測定をすべきか?静岡県と神奈川県が厚労相に要望書提出


神奈川県や茨城県のお茶の生葉から基準値を超える放射性物質が検出された件で、厚労省は16日に荒茶についても放射能測定を行うように指示しました。

厚労省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001c96q-att/2r9852000001c98e.pdf

それに対し、静岡県の知事が拒否して、荒茶を検査対象から除くように要望書を厚労相に提出したそうです。神奈川県も同様に要望書を提出したそうです。

毎日.jp
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110518ddm041040116000c.html


16日の厚労省の指示を詳細にみてみましょう。

宛先は、下記の14都県です。

『宮城県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県の衛生主管部(局) 御中

1. 今般の生茶葉から放射性セシウムの検出が継続していることを踏まえ、荒茶についても検査を実施し、暫定規制値(500Bq/kg)を超えるものが流通しないよう対応すること。
なお、荒茶に加工する場合、生茶に比較して重量が5分の1程度になるので、留意すること。

2. 淡水魚(アユ、ワカサギ)及びシラス並びにたけのこ及び山菜についても暫定規制値を超える事例が報告されていることから、これらの品目についても生産状況を踏まえ、モニタリング検査を強化すること。』


2.についてはモニタリング検査を強化することなのでいいことだと思いますが、1.が今回問題になっています。なぜかというと、ここにも書いてあるように、荒茶では生茶(生葉)を乾燥させるため、重量が1/5程度になり※、その結果として放射性セシウムが5倍に濃縮されます。それを測定しろというのですから、基準値の500Bq/kgを超えないようにしようと思ったら、生葉では単純に計算して100Bq/kg以下でないといけません。

※荒茶というのは、「摘みたての葉を蒸気で加熱し乾燥しただけで、まだ精製していない茶(重量で生葉の約5分の1になります)」と神奈川県のHPにありました。

前回の「5/14 今度は神奈川県の茶葉からセシウムが検出!その2」で詳細に記載しましたが、静岡県では「御前崎市で5月2日に採取した茶葉から、セシウムが1キロ・グラムあたり82・9ベクレル検出された。過去10年間の最高値は0・19ベクレルだった。」「県は7日にも菊川市で採取された茶葉(生)を分析したところ、御前崎市の茶葉を上回るセシウムを111・0ベクレル検出。茶葉10グラムを430ミリ・リットル、90度の湯で60秒間浸出した「飲用茶」からは4・32ベクレル検出された。」ということでした。つまり、110Bq/kgの生葉がすでに検出されているため、荒茶を測定したら500Bq/kgを超える可能性が非常に高いのです

ひとたび測定して基準値を超えてしまったら、発表しないわけにもいかず、発表したら自粛要請などの何らかの措置を取らざるをを得ません。せっかく静岡県のお茶は安心だ、といってホッとしていたところなので、静岡県として今回の厚労省の指示に従えない、というのは頷けます。

これはお茶の生産県である静岡県にとっては死活問題ですので、静岡県としても譲れないところなのだと思います。

一方で、厚労省のいう「暫定基準値を超える荒茶が流通しないように」というのもわからないわけではありません。ほうれん草など、500Bq/kgを超える食物は流通しないようにしているのであれば、いくらお茶として飲むときには低い放射性セシウムしか検出されないといっても、500Bq/kgを超えるお茶葉を売らせないというのは理屈としては間違ってはいません。お茶として飲んだ後のお茶葉は放射性セシウムをたくさん含んでいるのですから、それを知っていて普通のゴミとして捨てるのは気持ち悪いですし、家の中に放射性セシウムを含むものを置いておきたくはありません。

ただ、これまでの食物の放射性物質の検出の考え方は、あくまで可食部の放射性セシウムを測定するというものでした。野菜にしても、土などを洗ってから測定する。魚介類も、放射性セシウムを含んでいそうな内臓などを混ぜないようにして肉の部分だけを測定する。この考え方で行くならば、可食部(この場合は可飲部ですが)の放射性セシウムのみを測定する、というのが全体の整合性としては取れるような気がします。

この問題はいろんな立場でいろんな意見があるような気がします。ご意見のある方はぜひコメントを書いてください。よろしくお願いします。



関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

設備全体が汚染されるって、
増殖する細菌とかウィルスと間違えてるんじゃないだろうか。

日本全国損害補償の押し付け合い。。。

昔、原発で働いていた方のブログにこのような記述があります。
--------
静岡お茶農家のかたへ:
もし、仮に放射能にある程度汚染されているお茶の葉でお茶を作ってしまいますと、生産設備全体が放射能汚染されます。事実上、除洗は不可能です。また、お茶の葉を作る際の排気を通じてセシウムがそこら中にばらまかれることになります。
そういった影響も十分考慮された上で、生産をご判断ください。
--------

やはり今後のことを考えても
ある程度高い放射性物質が検出された茶葉は
加工前に廃棄すべきなのでしょう。

廃棄によって被った不利益は、
これまで原発の利権を得てきた推進派議員、団体、東電等が補償すべきなのです。
生産者側による基準値緩和要請は補償枠を自ら放棄する行為であり、
一般市民が汚染された茶葉を購入する事で損害補償を肩代わりすることになる
利権団体にとって都合の良い動きでしかありません。
大変に難しい問題ではあると思いますが
目先の利益維持にとらわれず、問題の根本を見失わず長期的に判断してほしいものです。

No title

人によりけりですが、お湯の量、温度、回数が違うと思います。
ある程度全行程をやってみて、それで基準を作るのがベストです。

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。