スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/22 3号機からの汚染水流出の東京電力の保安院への報告書を解説!

 
昨日、東京電力は、5/11に発見された3号機スクリーン海水からの汚染水の流出についてまとめ、保安院に提出し、受理されました。

東京電力HP 保安院への報告書
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11052103-j.html

東京電力HP 汚染水のまとめ
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11052102-j.html

初めて見たデータなど、貴重な情報満載でした。いつものように解説します。全体的なまとめ(この記事)と、報告書の中で触れられていた海洋モニタリングの解釈とシミュレーションについて(次の記事)二つの記事に分けようと思います。


汚染水流出の概要

まず、東京電力の保安院への報告書のまとめで、汚染の全体像をどう評価しているかということを確認しましょう。

4/1-4/6の2号機からの超高濃度の汚染水(「2号機汚染水」)の流出について、約500トン(=500m3)で4.7×10^15Bq=4700兆Bq=4700テラベクレルであった。(10^15という表記は10の15乗を示す)

4/4-4/10の意図的に海に放出した「低濃度汚染水」は、10393トン=10393m3で、1.5×10^11Bq=1500億Bq=150ギガベクレルであった。

今回の5/10-5/11の3号機の高濃度の「3号機汚染水」は250トン=250m3で、2.0×10^13Bq=20兆Bq=20テラベクレルであった。

つまり、今回の3号機汚染水は、2号機汚染水の1/200しかなかったよ、と主張したいのです。まあ、2号機汚染水があまりにも大量だったため、これくらいは誤差の範囲といえることと、2号機汚染水の後でシルトフェンスなどの対策を施した結果として、港湾内にはかなり流出したが、港湾外への汚染はほとんどない状態にできたというのは事実だと思います。この部分についてはあとでデータを検証します。

なお、報告書には出てこないのですが、下記の記事によると、この20テラベクレルというのは年間許容量の100倍ということです。逆に言うと、20テラベクレルの1/100、つまり200ギガベクレル=2000億Bqまでは許容されているということになります。だとすると、意図的に放出した「低濃度汚染水」は年間許容量以下ということで、あの量をさらに希釈して1年間かけてゆっくりと流したら何もお咎めを受けないということなのでしょうか?このあたり、法的な根拠をいずれ確認してみたいと思います。
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011052101000140.html

この記事を書いた記者の人は、「東電は、外部への放出が認められる量の約100倍としている。」という記載を軽くスルーしないで、どうして年間許容量がそんなに高いのだ、と突っ込んで欲しかったです。


「3号機汚染水」の流出量の推測

「3号機汚染水」の流出量の推測は、2号機汚染水の流出量の推測とほぼ同じ方法で行っています。2号機汚染水の時は、「4/21 福島原発で注ぎ込まれた冷却水はどこへ行ったのか?その4」で詳細に内容を確認しました。

今回も同様なことをやろうと思ったのですが、流路の説明が非常に複雑で、自分が理解するだけで精一杯です。他人にわかりやすく説明するだけの余裕はありません。ただ、流量の算出方法は前回と同じなので、算出方法に問題はないと思います。詳細は、下記に説明がありますので、興味のある方はご確認ください。

概要(言葉による説明)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110521b.pdf
参考1-3:3号機海水配管トレンチの図面
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110521c.pdf
参考4:流出量の評価方法(2号機汚染水の時と同じ方法の説明)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110521d.pdf

結果として、6m3/時=6トン/時の流量で、5/10午前2時から5/11午後7時までの41時間流れたと考えられるという結論でした。そこで、6m3×41=250m3、つまり250トンの3号機汚染水が海に流出したと計算しています。

なお、この汚染水の放射性物質の濃度ですが、
I-131 3,400,000Bq/L
Cs-134 37,000,000Bq/L
Cs-137 39,000,000Bq/L
の濃度の汚染水です。(合計79,400,000Bq/L=79,400,000,000Bq/m3)これが250トンということなので、かけ算をすると、さきほどの20兆Bqという計算結果が出てきます。

再発防止策

そして、この後の再発防止策としては、下記のようなことが記載されています。

参考5:
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110521e.pdf

5/22_スクリーン海水の図

すでに行っている対策に加えて、ゼオライト土嚢の追加を行ったり、ピットの閉塞を行ったり、ということで、対策を強化することを約束しています。これを見て驚いたのですが、とっくに終わっていると思っていた放水口角落とし(放水口の完全遮断)というのがまだ終わっていませんでした。であれば、ここからも少し漏れ出した可能性が高いです。「5/19 再び3号機からの汚染水が海に流出!海に通じる別ルートも?」において指摘しましたが、南放水口付近のデータが一過性に上昇しています。量的にはたいした流出ではない可能性がありますが、これを報告書において全く触れていないというのはおかしいと思います。

なお、東京電力の保安院への報告書(上記の資料)の記載では、今後、今回のような流出が起こらないようにするため、全てのピットについて設計図や現地確認を行ったそうです。そして、放射性物質を含む水がスクリーンエリアに流出する可能性のあるピットを10ヶ所特定し、19日までに閉塞工事を完了したという記載がありました。

また、タービン建屋から海側につながるトレンチと接続しているピットが32ヶ所有り、5ヶ所はすでに閉塞し、残りの27ヶ所を6月末までに閉塞する予定ということでした。


港湾外への流出について

東京電力は、保安院への報告書の中で、下記のように報告しています。
・2号機汚染水は99.9%が港湾外に出てしまった。
・低濃度汚染水は直接港湾外に放出された。
・今回の3号機汚染水は大部分がシルトフェンスに吸着されるなどして、港湾内にとどまっている。

港湾外にとどまっているかどうかに関しては、データで検証しておく必要があると思います。

港湾内のデータについては、「5/16 3号機からの海への汚染水流出はいまのところ止まっているようだ」「5/19 再び3号機からの汚染水が海に流出!海に通じる別ルートも?」で詳細に検討しました。

また、港湾外に出ているかどうかについても、南放出口でのデータを見ると、少量ですが漏れ出した可能性が高いことを示しました。
5/191号南放水口汚染

一方で北放水口のデータにはほとんど影響がありませんでした。
5/22_北放水口データ

従って、港湾外への影響としては、南の放水口から若干の流出があったというだけです。それも、よくよくデータを見ないと気がつかないほどでした。もともとの2号機汚染水での流出があまりにも大きかったため、その流出の陰に隠れてしまったということでしょう。そういう意味で、東京電力の報告書の記載は特に間違った記載をしているとは思えません。また、南放水口への流出経路は、放射性物質を含む水がスクリーンエリアに流出する可能性のあるピットを10ヶ所特定し、19日までに閉塞工事を完了したという記載があって、それと符合するように19日にはまた下がってきているので、おそらくふさがれたのだろうと考えられます。

ということで、今回の報告書について検証してきましたが、特に大きな問題はないと考えてよいと思います。唯一気になるのは、年間許容量の100倍というあの記事にあった記載ですが、これは報告書の中には出てきませんでした。いずれ確認したいと思います。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。