スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/3 海底土のデータのアップデート。I-131は減衰。セシウムはやや減少気味。

 
東京電力はHPにおいて、海底土の放射性物質の測定結果を更新しました。

東京電力HP
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11060308-j.html

簡単に解説します。


5/3に発表したときは、こうでした。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110503m.pdf
それが今度は、下記のようになりました。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110603k.pdf

発表されたデータが少ないので転記すると、

小高区沖合3km(Bq/kg)原発より北東側の沖合
       4/29    6/2
I-131  190     ND(<13)
Cs-134 1300    570
Cs-137 1400    600

岩沢海岸沖合3km(Bq/kg)原発より南東側の沖合
       4/29    6/2
I-131  98      ND(<13)
Cs-134 1200    970
Cs-137 1200    1000

ということで、なにがわかるかというと、以下のようになります。

1.1ヶ月経って、I-131は減衰して検出限界(13Bq/kg)以下になった
2.セシウムについては、小高区沖合3kmは半分くらいに減少しているが、岩沢海岸沖合では減少傾向にあるものの、あまり大きな違いは見られない。

2点だけのデータなので、あまり傾向として言えることはありません。次回もセシウムのデータが減少するのであれば、減少しているといってもいいかもしれませんが、少なくとも岩沢海岸沖合のセシウムは、減少したといえるかどうかは微妙です。私は、海底土壌中のセシウムはそれほど大きな変動がないものだと予想していますので、想定の範囲内でした。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。