スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/4 海洋モニタリングの新しい結果が二つ出てきました。福島県はすごい!

 
文科省のHPで、二つの海洋モニタリング結果が出てきました。一つは予想通りのあまり意味のないデータですが、もう一つは福島県が実施しているモニタリングで、こちらは非常に意味のあるデータと思われます。残念ながら、福島県のデータは地図がついていないため、正確な場所がわかりません。後日発表されるのか、この情報だけで探さないといけないのかは不明ですので、とりあえずわかる範囲でお伝えします。

文科省HP
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/04/1305671_0604.pdf

福島県のデータ(文科省HP)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/04/1306875_0604.pdf


一つは、前回も一度5/20に発表したデータを再度測定し直しただけのものです。

前回(5/20)のデータ
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/24/1305671_0520_2.pdf

今回は、全てのポイントで「不検出」になっています。

今回の(6/4)データ
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/04/1305671_0604.pdf

この測定については、「5/21 拡大海洋モニタリングによる初めてのデータ発表」でご紹介しました。そして、このように書きました。

『今回、検出限界が少し下がりました(ヨウ素が約4Bq/L、セシウム134が約6Bq / L、セシウム137が約9Bq/L)。以前も検出限界はほぼ10Bq/Lだったので、少しよくなったという程度です。測定時間が長くなって大変でしょうが、もう少し(5-10倍)検出限界を下げてもらえると助かります。海水から魚介類に50-100倍の濃縮がかかることと暫定基準値が500Bq/kgであることを考えると、2.5-5Bq/LのCs-137が検出できるようにして欲しいのです。』

今後、新たに大量の汚染水流出がない限り(あっては困りますが)、この検出感度ではほとんど何も検出できないと思います。海底土のデータなども取ってくれるということですので、測定する方はサンプルがあって大変だとは思います。ですが、2週間に一度の発表ですので、今の中途半端な感度で測定するよりも、測定時間を増やしてでも感度を上げて、Cs-134とCs-137で2.5Bq/L※を検出できるように頑張ってくれることを期待します。』

はっきり言って、今回の全て「不検出」は予想通りの結果でした。一応結果の図をつけておきます。

6/4海域モニタリング1

このままの検出感度で行うならば、これ以上の測定を行う価値を私はあまり感じません。計測するモニタリングポイントを減らしてでも2Lの海水試料を用いて10時間は測定してください。そして検出限界を下げてください。やれないはずはありません。

なぜか?次にご紹介する福島県のデータではそれがすでに実現できているからです。

産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110525/fks11052502410000-n1.htm

では、データの実際を見てください。東京電力や文科省のような整数のデータではなく、1.87Bq/Lとか、2.55Bq/Lといった数字がたくさん出ていることに気がつくと思います

6/4福島県モニタリング1

6/4福島県モニタリング2

残念ながら、このモニタリングポイントの正確な場所が今のところわからないので、現在はこれ以上のコメントはできません。ですが、私が予想していたように、これまで「不検出」あるいは「検出限界以下」とされてきた地点であっても数Bq/Lの放射性セシウムが存在していたことはこれで裏付けられたと思います。

海底土壌の結果については、見たところ沖合の方が数値が高いという傾向がありますが、地図にプロットしてみないとよくわからないので、これ以上のコメントは今日は控えさせていただきます。

最後に、今日こそ文科省やこの測定を企画した人に言いたいです。
福島県のように、1-2Bq/Lまで測定してください。今の低い検出感度でいくら測定してもあまり意味がありません。ポイント数を絞ってでも検出感度を上げてデータを取ってください。前回の測定でいくつかのポイントでは検出できていたのですから、感度さえ上げれば今回も確実に検出できました。

次回(あるいは次々回)以降は、ぜひ測定条件を変更して感度を上げてください。そうでないと、せっかくお金をかけて測定するデータが意味のないデータの山を築いて終わりになってしまいます。


最後に、@tmiyamaさん、いろいろと貴重な情報、ありがとうございました。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。