スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/25 新しい海水浴場の放射能汚染基準について 海水浴場は問題なしです。

 
6/24、政府は海水浴場などの水浴場の放射性物質に係る水質の目安を設定しました。こういうルール作りをする時にはいつものことですが、23日には原子力安全委員会に助言を求め、原子力安全委員会から問題ないとの助言を得ています。

それによると、海水浴場などの水質の目安は、水道水よりも厳しくして、
放射性セシウム(Cs-134とCs-137の合計)が50Bq/L
放射性セシウム(I-131)が30Bq/L

ということになっています。日常生活以外での被曝はできるだけ低く抑えることが必要との考えから厳しめに設定したそうです。環境省の発表らしいのですが、残念ながら環境省のHPでは探しても見つかりませんでした。記者会見だけでなく、HPにもしっかりと情報発信をしてください。マスメディアが必ずしも信頼されていない以上、直接国民に広報する姿勢が重要だと思います。



政府が原子力安全委員会に提出した資料には、下記のような記載があります。

放射性セシウムが50Bq/Lの海水があったとして、子供が毎日5時間、7月8月の62日間泳ぎまくるという想定すなわちこの夏に310時間泳ぐ場合でも、69μSvの被ばくにしかならないという試算でした。

外部被ばく:5.58μSv(Cs-134)+3.63μSv(Cs-137)=9.21μSv
経口被ばく(1日1L飲んだとする):29.5μSv(Cs-134)+20.2μSv(Cs-137)=49.7μSv
傷口からの被ばく(1日1回けがをするとする):0.000329μSv(Cs-134)+0.00023μSv(Cs-137)=0.000559μSv
(一回けがをすると、0.011g=11mgの放射性セシウムを傷口から取り込むという試算です。)

結局、経口被ばくの比率が約84%で一番多く、内部被ばく及び外部被ばくを合わせて合計58.8μSvという計算です。これに、ストロンチウムがどれくらいあるのかわからないので、大目に見積もって放射性セシウムの1/4あるとして同様に計算すると、放射性ストロンチウム(Sr-89とSr-90の合計)による被ばくが10.2μSvになります(詳細はリンク先の資料に。)。合計で58.8μSv+10.2μSv=69μSvという計算です。

なお、この資料ではI-131についても同様の計算をしていますが、放射性ヨウ素は現在検出されていないので省略します。

この計算は、実際よりもかなり大目の想定をして計算していますし、それでもこれだけの被ばく量にしかならないので、仮に海水中に50Bq/Lの放射性セシウムがあったとしても海水浴をする分にはあまり気にする必要はないということを示しています

それよりも何よりも、福島県の沿岸以外で、50Bq/Lはおろか、これまで10Bq/Lを超える放射性セシウムが検出されたことはなかったはずです。そもそも検出限界値がCs-137では9Bq/Lとか10Bq/Lなので、仮にあったとしても「不検出」になる可能性もあるのですが、「6/22 文科省と福島県の海水モニタリング、どちらがいいと思いますか?」でご紹介したように、福島県のしっかりとした測定であっても、かなり高めの数字が出ているいわき市勿来漁港で(6/8のデータ)Cs-134:6.19Bq/L、Cs-137:6.33Bq/Lです。放射性セシウムとしては合わせて12.52Bq/Lしかありません。東京電力が測定しているような原発から半径30km以内ならば別ですが、それ以遠の地域については、福島県でもこの程度の放射性セシウムの濃度ですから、他の県で心配する必要はないと思います(私は放射能汚染水についてはかなり注意して4月からほとんどの海水のデータを見てきていますし、大きな見落としはしていないつもりです)

この話のまとめを書いておきます。現状では新たに高濃度の汚染水が大量に漏れ出すということがない限り、海水浴場に行っても問題ないと思います。

・新しく海水浴場の放射能汚染の目安が設定されたが、飲み水よりも厳しく設定されていることもあり、仮にこの基準ギリギリに汚染された海水浴場があっても被ばく量は問題ないこと。

・実際問題としては、福島県の一部は除いて、他の都道府県で放射性セシウムが50Bq/Lを超えることは現状ではまず考えられないこと。

・この二つを合わせて考えると、海水浴場の放射能汚染ということは心配する必要がないこと。


関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。