スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26 東京電力による宮城県沖の海水放射能データ発表です。

6/25、東京電力のHPに、宮城県の海洋汚染調査の結果が掲載されています。

相変わらず東京電力の広報はなっていません!ただHPに結果を掲載すればいいと思っているのでしょうか?
実は、6/20の記者会見配付資料の中に、今回測定した6地点は書いてありましたが、プレスリリースの中にはこの資料はありません。

HPのわかりにくい場所に載せておいたから、それで情報公開はしている、などというのは大間違いです。それは文科省にも言えることです。文科省のHPも、宝探しのようで、片っ端からフォルダを開けていって、初めて求める情報がこんなところにあったのか!と気がつくような状況です。しかも、月に二回くらい思いつきでいきなりフォルダ構成を変更されてしまいます。誰か良く気がつく人がtwitterで教えてくれて、こんなところにあったんだ!ということも何回かありました。

誰かがRPGのようだ、と言っていましたが、こんなところで時間を使いたくないので、わかりやすい場所に掲載してください。東京電力は、二重に掲載してもいいので、プレスリリースにも記者会見配付資料の情報を載せて下さい。文科省は、更新した項目には「New!」などの印をつけるか、「6月26日更新」などとしてください。このあたりは、水産庁や茨城県を見習って欲しいです。

今回一つだけほめるべきとすれば、これまで一切明らかになっていなかった、東京電力のサンプリング地点が、なぜか文科省のHPに緯度経度つきで紹介されるようになったことです。今回の宮城県のサンプリング地点も含まれています。その点は唯一進歩しましたが、これくらいのことはやろうと思えば2ヶ月前にできたことです。東京電力は、今後こういう広報は文科省に任せるつもりならば、その旨をHPのプレスリリースにも発表しなければなりません。


さて、大きく話が脱線しましたが、今回から追加された地点は以下の6地点です。

6/26宮城県沖

今回(6/21サンプリング)のデータでは、検出限界としてだいたいI-131:5Bq/L、Cs-134:6Bq/L、Cs-137:6Bq/L以下のサンプルは「ND」(不検出)になるような測定条件で、6地点の上層、中層、下層のサンプルは全てNDでした。

データとしては、特に言及するべき点はありません。文科省のHPに地図にプロットした形でデータが出ています。

6/26宮城県沖データ

おそらく今後も、茨城県沖と同様に、定期的にデータが発表されるものと思います。あまり意味のあるデータが得られるとは思えないのですが、今後も定期的にデータはチェックしていきます。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。