スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/28 東京電力のいろいろなサンプルの測定頻度についての情報

昨日の東京電力の記者会見配付資料は、東京電力が発表している資料を毎日のようにチェックしている人には結構大事な資料ですので取り上げます。

普通の人にとっても、どうして時々思い出したようにこういうデータが出てくるのか?ということがわかりますので、一度眺める価値はあると思います。


今回の変更は、測定頻度の適正化を図るために変更するということで発表されました。「適正化」という言葉には違和感を覚えます。「私たちはみなさんにご迷惑をおかけしていますが、だんだんと不検出のデータも多くなってきたので少し回数を減らさせてください」という言葉はありません。今までが不適切だったので、適正な頻度に変更する、みたいな印象を受けます。

頻度が減るのは、

・土壌の測定が週2回から週1回に減る。
・空気の測定(MP-1)が一日2回から1回に減る。
・沿岸の海水測定(5,6放水口付近と南放水口付近)が一日2回から一日1回に減る。
です。後の測定は変わりません。もし海水のデータの測定を止めるといったら怒ろうと思っていたのですが、そこまで東京電力もバカではなかったようです。

6/28ー1

6/28-2

6/28-3


一方で、トリチウムや全α、β放射能の測定が追加されました。

6/28-6

また、今日「6/28 Srのデータがいくつかでてきたのでご紹介します。」でご紹介したSrについてですが、海水や地下水で毎月一回、今回の海底土は3ヶ月に一回しか測定しないそうです。
6/28-5

なお、私のブログでは、その意味をきちんと理解していないために敢えてご紹介していないプルトニウムやアメリシウムなどの核種についても下記のような頻度(一月に一回程度)で測定をして発表するようです。今のところ、これらの核種については取り上げる予定はありません。

6/28-4



関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。