スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/29 放射能汚染水の循環システム本格始動 最新の状況は?

東京電力は、放射能汚染水の汚染水処理システムを淡水化装置までのテストが完了したということで、炉心への再注入を27日にはじめました。ところが、全長4kmもの流路についてのテストが不十分なままいきなり始めてしまったものですから、予想通り、はじめてからあちこちと漏れが見つかったりして一時的に停止するということを繰り返しています。

今日は、「6/26 昨日の段階での放射能汚染水の解説(テスト結果含む)」からの状況のアップデートです。


東京電力は、27日に再注入を始めた時に、記者会見でこれまでのシステムを説明した図を配りました。

6/29汚染水処理1

おそらく、私のブログで「6/26 昨日の段階での放射能汚染水の解説(テスト結果含む)」を読んだ方はわかると思います。それでもわかりにくかったら、「6/19 福島原発の放射能汚染水の全容を紹介します!その2詳細編」を読んでみることをお勧めします。ここには、集中廃棄物処理施設の名称や位置関係について解説がありますので、これを知らずにこの図を見ても、全体像は頭に描けないでしょう。逆に、プロセス主建屋と焼却工作建屋の位置関係を知っていると、この図を見て、なるほど、と理解できるかと思います。非常に複雑な流路の設定をしていますので、しっかりと理解したい人は以前の二つの記事をぜひ読んでみてください。

さて、今回は、淡水化処理(実際にはRO膜(逆浸透膜)ですが)をしたあとの水を、炉心へ再注入するシステムも動かしました。その説明が次の図です。

6/29汚染水処理2

淡水化装置を通した後の水は、5000トンまでためられる一時貯水槽に貯めておき、ここから13トン/時と、従来からの濾過水タンクから3トン/時で合計16トン/時を炉心再循環システムを用いて1-3号機に注水するようにしました。

しかしながら、この再注入までのシステムは、全部で4kmにも及ぶ長い水路を通すため、27日に開始してから毎日、いろいろなところで漏れが起きたりして止まっています。

本日も「循環注水冷却」で、水を送るホースに小さな穴が開き、水が漏れているのが見つかり、東京電力は一時運転を停止、ホースを交換したそうです。

おそらく、1週間くらいはいろいろなトラブルに見舞われることでしょう。しかし、その後は少なくとも流路からの漏れについては落ち着いてくるのではないかと予想します。

あとは、17日に起こったように、キュリオンなどのフィルタ交換に関連したトラブルがどれだけ起こるかだと思います。一ヶ月運転してみて、致命的なトラブルが起きなかったら、なんとかこのまま順調にいくような気がします。





関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。