スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/1 久しぶりにメガフロートが話題になりました。

昨日、東京電力のHPで久しぶりにメガフロートという言葉を見ました。

メガフロートというのは、文字通り海に浮かぶ巨大な水槽で、1万トンもの水をためられる施設ということで期待されていました。静岡市から譲り受けて、一月ほど前に福島第一原発に到着していたはずだったのですが、その後音沙汰がありませんでした。放射能汚染水の処理施設の話が出てきても全く話題に上らなかったのですが、久しぶりに出てきました。実は5,6号機の汚染水(滞留水)を保管するために使う予定になっていたのですね。


これまでにも5,6号機にたまっている汚染水の話はあり、日々の記者会見などでも報告されているのを知っていたのですが、5,6号機は無事に冷温停止できていることもあり、敢えてこのブログでは紹介してきませんでした。重要なのは、1-4号機の汚染水であり、5,6号機の滞留水については気にするレベルではないことはわかっていました。

5,6号機のタービン建屋の地下にも、水がたまっていました。ただそこにはそれほど高い放射能汚染水はなく、週に3回発表されるサブドレンの地下水を見ても、最近は5,6号機のサブドレンからは検出限界以下になっており、こちらからの海への流出は考えなくても良さそうな感じです。

7/1メガフロート

昨日発表されたのは、6号機脇にある屋外仮設タンクに貯めてあった約8000トンの滞留水を、メガフロート(これは物揚場近くに停留しています)に3-4ヶ月かけて移送するという計画でした。

おそらくこちらの方は、それほど大きな問題にならずに移送できるのではないかと思います。その後でどう処理するのか?というところは実はわからないのですが、メガフロートから漏れ出したりしなければ、後からでも処理できる問題と思います。

私も放射能汚染水の循環処理システムの紹介をしながら、「そういえばメガフロートはどうしたのだろう?」と疑問に思っていましたので、その疑問が解けました。やはりこれは今の超高濃度の汚染水を貯めておけるようなものではなかったのですね。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

茨城県北部の現状

初めまして。
茨城北部に住んでいるものです。

この度の原発事故に不安を抱えいろいろ調べているものです。
こちらのブログはとても参考になります。

実は日立の現状を知ってもらいたくてコメントいたしました。
日立は原発企業の町であるが故、市は動かないのです。

拡散希望です。以下のブログに詳細が載っています。

よろしくお願いいたします。
http://ameblo.jp/148pro/theme-10025460526.html


プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。