スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/3 東京電力は放射能汚染水の循環注水冷却への完全移行を発表!

東京電力は、昨日7/2の記者会見で循環注水冷却に完全に移行したと発表しました。

これは、放射能汚染水を汚染水処理システムで放射能を減らし、淡水化したあとでその水を再度炉心への注水に使用するというものです。これまでは、炉心への注水に濾過水タンクからの水を使用してきましたが、徐々にその量を減らし、昨日初めてゼロにしたというものです。

asahi.comより
http://www.asahi.com/national/update/0702/TKY201107020452.html

これまで私のブログを読んでこられた方にとっては、別に驚くべき内容ではありませんが、一つの区切りですので、簡単に解説します。


放射能汚染水処理システムは6月始めから設置、試運転を重ねてきました。5月に3号機の汚染水が海に流出した一件から、タービン建屋やトレンチの水位がOP+4000を超えると再び海へ大量に流出しかねないことが予想されました。このあたりの詳細は「6/19 福島原発の放射能汚染水の全容を紹介します!その2詳細編」に書いてありますのでお読み下さい。

そして、5月までの水位の移動を元にしたシミュレーションでは、毎日500トンの水を注水して増やしていくと、6/30頃には水位がOP+4000を超える可能性があるという結果になっていました。梅雨にはいると降雨による水位の上昇も予想されたため、汚染水処理システムの完成が急がれていました。

6/15に予定していたシステムの稼働が二日遅れて6/17に稼働し始めたものの、初日は5時間ともたずにセシウム吸着用の樹脂交換が必要になってしまいました。当初は1ヶ月で交換する予定だったのですが、それが5時間で放射能の容量がいっぱい(それ以上増えると人間が近づけない)になってしまったとはお粗末でした。

その後も開と閉を間違えるとか、あまりにも作業員の基本的な教育ができていないと思われるようなトラブルに見舞われましたが、なんとか汚染水処理システム全体を動かすことができるようになりました。

27日からは、処理した汚染水を淡水化し、炉心へ注水するシステムを稼働させました。この頃は、注水量をギリギリまで下げていったために1-3号機合わせて毎時16トンの注水を行っていて、そのうち13トンを処理した汚染水でまかなっていました。

7/3汚染水1

その後、処理した汚染水の量を少しずつ上げて、7/1には16トンのうち14-15トンに変更しました。そして問題ないことがわかったため、昨日7/2、全て処理した汚染水で循環注水できるようになりました。

7/3汚染水2

このことのもつ意味は以下の通りです。

・タービン建屋の地下などに大量にたまっていた高濃度の放射能汚染水のために作業員がそばに近づけず、復旧作業の最大の妨げになっていました。これをいかにして減らすかが一番重要な課題でした。
・これまでに11万トンもあるといわれていた放射能汚染水は、炉心への注水を続ける限り減ることはなく増える一方でした。
・従って、放射能汚染水の放射能を除去し、その水を炉心への注水に使えるならば、新たに放射能汚染水は増えることがなくなり、徐々に減らせるため、放射能汚染水の量を減らす最大の効果が見込める方法でした。

今回、この循環注水システムが一応の完成を見たことで、うまくいけば年末には放射能汚染水がほぼなくなり、タービン建屋などに入って作業員が作業をできるようになります。

そういう意味では、事故の収束に向けて大きな1ステップを踏み出したといえるでしょう。ただし、このシステムは全長が4kmもあり、多くのシステムを組み合わせて作っているために、今後も予期せぬトラブルにたびたび見舞われることは必至です。でも、そこで一喜一憂せずに、暖かく見守ってあげることが必要と思います。

ただ、このことと、地下水などを通じて海へ放射能汚染水が漏れているかどうか、ということは別問題です。こちらについては、まだ何か隠している可能性もあるので、しっかりと監視を続けていきます。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。