スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/6 海底土のSrのデータ。このサンプルの選び方には意味がある。

文科省は7/4、HPにおいて海洋モニタリングの結果を発表しました。今回は、5/27に発表した一回目のデータに対するストロンチウムのデータです。

結果は全て不検出(検出限界:0.8Bq/kg)でした。

今回の結果を前回の結果(5/27発表)と比較するためにまとめてみましょう。「6/25 海底土の汚染3回目の発表。海底土の汚染はどんどん南へ移動!」でまとめた表の一回目のCsのデータに今回のSr-90のデータを付け足しました。

7/5海底土のSr

念のため、それぞれの場所を下図に示します。

7/5海底土Sr地図

今回Sr-90は6地点でしか測定していません。これはおそらく、Srの測定はかなり手間がかかるため、サンプル数を絞ったためと思われます。では、なぜB1,C1,D1,E1,F1,J1の6地点なのか?

上の表と見比べていただければ、Cs-137の数値が高いところ(50Bq/kg以上)を選んでいることがわかります。つまり、CsとSrの比率から考えて、A1のように放射性セシウムも検出限界ギリギリの所のサンプルのSrを測定してもあまり意味がないとわかっているのですよね。

今回初めて、文科省の測定でもちゃんと測定することの意味を考えていることがわかりました。Sr-90が不検出だったのはCs/Srが100以上である、つまりSrの値はCsの値の1/100以下である事を示していますが、私としては、このサンプルの選び方の方が意味のあるデータであると感じました。つまり、文科省はできるだけ意味のあるデータを取ろうとサンプルの選択をしているのです。

この点において、せっかくの魚介類のサンプルを用いたSrの測定において、あまり意味のないサンプルを用いて測定した(「6/28 Srのデータがいくつかでてきたのでご紹介します。」参照)水産庁よりはずっと考えていることがわかります。

文科省も今回のように測定することの意味を考えているならば、ぜひともCs-137の検出限界をもっと下げて測定してください。今のままで海水のデータに不検出の山を築いてもあまり意味がないことくらいわかっているのですよね。

今回のサンプルの選び方で、文科省の測定は、何も考えていないで測定しているのではなく、ちゃんと考えた上でいろいろな測定条件やサンプルの選び方を設定していることがわかりました。となると、文科省のCsの検出限界の設定には不検出のデータの山を築こうという意図があることは明らかです。

実際には、機械の空き具合とかサンプル数とかいろいろな事情があるのでしょうが、本当にしっかりとしたデータを取りたいのならば、サンプル数を減らしてでも検出感度を上げるべきだと思います。原発近くの沿岸でさえ不検出になりつつある現在、何10kmも離れた沖合を同じ検出感度で測っても不検出になることくらい、誰でもわかるはずです。これは絶対に科学者が決めているのではなく、政治的な思惑で決めていると思います。


でも、今からでも変更するのに遅くありません。ぜひとも検出限界をあげる努力をしてください。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。