スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/26 文科省のモニタリングの結果発表と今後の計画(栃木県、茨城県)


先週の金曜日に、文科省は航空機による宮城県のモニタリングの結果を発表しました。

今回の結果と今後の予定について簡単に触れておきます。

環境放射線のマップと、セシウムの蓄積量のマップと二通り発表されていますが、私は土壌に対する関心が高いので、環境放射線(μSv/h)のデータではなく、セシウムの降下物量(Bq/m2)の図を示します。福島県の測定では100,000Bq/m2以下はひとくくりにされていたのですが、今回から10,000Bq/m2までの区分を作ってくれたのはありがたいです。稲わらで問題になっていた、宮城県南部と北部が高めに出ています。

7/26宮城1

これにより、既にわかっている福島県のデータを合わせるとこのようになります。

7/26宮城2

実は、このデータは、計画自体は6/21に発表されており、6/22から7月上旬にかけて測定を行い、それが3週間ほど経って、今回発表されたものです。


文科省のHPで「モニタリング計画」のページには、すでに栃木県モニタリング計画が7/8に発表されています。測定は7/11から1週間程度ということですのでもう終わっていますね。宮城県の例からすると、8月中旬に発表されるものと思います。

7/27追記:本日文科省のHPに発表されました。

7/26栃木1

そして、同じモニタリング計画のページを見ると、昨日の7/25に茨城県のモニタリング計画が発表されています。7/26から1週間程度ということですので、こちらは栃木県よりも2週間ほど遅れて、8月下旬に発表されることと思います。茨城県民としては、結果が早くでて欲しいです。特に茨城県の南部がどのように出るのか、早川先生が等値線を引いた地図とどれだけ違うのか違わないのか興味があります。

7/26茨城1

なお、NHKによると、年内には最終的には23都県で測定を終える予定だそうです。


関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【野口邦和先生の本が放射線と食品の関係についてかなり実生活で役立ちそうです。】

連日に渡って放射能とか原子力発電所関連の本を縦横無尽に読んでいます。 最近、読んだor読んでいる途中の本は以下のものです。 ①子どもたちを放射能から守るために(菅谷昭) ②放射能汚染から家族を守る食べ方の安全マニュアル(野口邦和) ③放射能のはなし(野口邦

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。