スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/27 栃木県産の腐葉土から11000Bq/kgのセシウムが検出!

昨日の7/26のニュースですが、秋田県は、県内で売られていた栃木県産の腐葉土から11000Bq/kgの放射性セシウムが検出されたと発表しました。

これは、ホームセンターの「コメリ」が仕入れて、秋田県、青森、岩手、宮城の3県の店舗で販売していたものです。
コメリはすでに、同じ業者から仕入れた腐葉土は全て回収することを決めました。



また、農水省は、放射性セシウムで汚染された稲わらを食べた牛の糞・尿などの再利用を防ぐため、「高濃度の放射性セシウムが含まれる可能性のある堆肥等の施用 ・生産・流通の自粛について」という通達を出しました。

これもあって、コメリはリンクのように堆肥・腐葉土の販売自粛を決めました。

この問題、実は腐葉土だけでなく、下水汚泥、浄水場、焼却灰も関係してくると思っています。汚泥から肥料に再利用したりするので、いわゆる廃棄物中に含まれる放射性セシウム(だけではないですが)についてトータルで考えないといけません。

前から問題意識だけは持っているのですが、汚染水やコメに時間を取られて後回しになっていました。しかし、今回のように腐葉土まで汚染されているとなると、身近な問題です。できればこの週末にでもこのへんの話をまとめようと思います。関係する省庁も、例によっていくつもあるようです。そのために関係するデータもいつものようにばらばらに存在するようです。

放射性物質は簡単には消えない、というのが通常の化学物質の汚染と一番違う点です。通常の化学物質の場合は、化学反応によって分解して無毒化することができます。しかし、放射性物質はそれができません。土壌中の放射性セシウムを除去するために植物を植えても、その植物をどうやって処理するのかを決めておかないといけません。普通にゴミとして焼却するのか?焼却場では環境にまき散らさないような対策がとれているのか?など、課題はいっぱいです。今後の非常に大きな問題だと思います。これを解決できないと、放射性セシウムが環境中(人や家畜も含めて)をグルグルと循環する状態が何年も続いてしまいます。

今日のところは事実関係の確認にとどめさせていただきたいと思います。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。