スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/18 サブドレン水の不思議 1号機サブドレン水の特徴

 
昨日の奥州市のヨウ素の件で、再臨界だと考えたい人にはもっと不思議な現象があるからそれを紹介する、と書きました。今日ご紹介する現象は、原子炉の地下を流れているサブドレン水の話ですので、もし再臨界が起こっていれば遠くの下水汚泥などよりもはるかに直接的な状況証拠になる可能性もあります。ただ、今回はあくまで現象の紹介にとどめます。4月の段階の話ですし、理由については私なりに以前考えたのですが、結局確証はとれずじまいでした。どなたか、この現象をうまく説明できる人がいれば教えていただきたいと思います。

今回ご紹介する話のメインはもう一つ不思議な現象です。これは再臨界というよりも、原子炉の地下でいったい何が起こっているのかを知るためのヒントだと思うのですが、情報量が少ないのでこれ以上は私には理解できません。以下の話は、9月の上旬に書きかけてそのままになっていたものを今回ヨウ素の話を加えて書き直したものです。そのため、データは9月上旬までしか載っていません。その点はご了承ください。

東京電力はHPにおいて、毎日いろいろなデータを発表していますが、その中にサブドレン水の放射能データがあります。サブドレン水の特徴については、「6/27 ついに解明!サブドレン放射能汚染水の変動の秘密 雨が降ると増大ということは・・・」で紹介しました。

これが何を意味するのかは依然として謎です。しかし、その後3ヶ月近く経ってもやはり同じような傾向は続いています。とはいえ、だんだんとサブドレン水の放射能も少なくなってきており、1号機と2号機以外は検出が難しくなってきています。

7月以降に新たに増えた私のブログの読者もいるようですので、「6/27 ついに解明!サブドレン放射能汚染水の変動の秘密 雨が降ると増大ということは・・・」でご紹介した現象が今も続いているということをご紹介し、その意味を解明できる人がいたら教えてもらいたいと思って不思議なデータを示します。


サブドレン排水設備(排水槽)とは地下水をくみ上げ側溝へ流すというものです。サブドレンに水がたまっているというのは、地下水からあふれ出てきた水がたまっているもののようです。そしてその設置目的は、もともとは液状化、建物の浮き上がりを防ぐ等の目的で作られたものだそうです。

6月にこの話を書いたときの1号機サブドレンの推移です(東京電力HPより)。

9/4サブドレン1

このグラフにおいて、縦軸は対数であることにご注意下さい。ピンク色はI-131です。I-131は半減期が8日間と短いので、I-131/Cs-137の値は4月はじめには10以上あったのが、5月にはI-131/Cs-137は1を切ってしまっています。グラフ上でI-131とCs-137の線が交わる日、すなわちI-131/Cs-137=1になった日はだいたい4/29です。東京電力の6/25のデータをみてもらえればわかるのですが、3号機、4号機も4月中にI-131/Cs-137=1になっています。空気中のダスト分析をみても、5月上旬にはI-131/Cs-137=1になって、それ以降逆転現象が起こっています。

ところが、2号機のサブドレンだけは挙動が若干違います。4月下旬はむしろI-131の量が増えているように見えるのです。5月になってそれが収まったため、5/20頃になってようやくI-131/Cs-137=1になっていますが、2号機だけが20日以上もI-131の低下が遅かったということは、I-131が2号機のサブドレン水にだけ多く検出される理由が何かあったはずです。5月になってそれが収まったため、I-131/Cs-137が低下してきています。その後は2号機のサブドレンも特にI-131の変動はありません。再臨界というものがどういう条件で起こるのか私はよく知りませんが、あったとしたら4月の2号機というのは何か起こっていた可能性があります。当時私がどう考えたのかは、「5/5 いつまでも減らないI-131の謎 その1」をご覧ください。海水に流れ込んでいるスクリーン海水でも2号機ではI-131が上昇していました。

9/182号機サブドレン


さて、これまではI-131とCs-137の関係だけを見ていましたが、皆さんは1号機のデータにおいて、I-131もCs-137も時々10倍近く跳ね上がる時があることに気がついたと思います。このピョンと跳ね上がるのはどういうときなのか、それは次のグラフを見ればわかります。このグラフに降水量のデータを加えたら、その関係は一目瞭然ですね。雨が降ると、理由は不明ですが1号機サブドレンの放射能が跳ね上がるのです。多いときは10倍くらいに増えます。

9/4東京電力サブドレン1

この理由について、「6/27 ついに解明!サブドレン放射能汚染水の変動の秘密 雨が降ると増大ということは・・・」ではいくつか推論しましたが、それ以上のことはその後もわからなかったので、今回は特に考察は加えません。

なお、2号機はどうかというと、不思議なことに、2号機はこのような変動は一切しないのです。最近のデータをご覧下さい。これはこれで不思議な現象です。まるで地下のどこかに常に放射性物質があって、そこから一定量流れ出てきているようです。

9/42号機8月

3号機、4号機は、もう濃度が下がってきて、検出限界ギリギリになってしまいました。従って、グラフから変化を読み取ることが難しくなってきてしまいました。下図は最近の3号機の変動です(東京電力HPより)。

9/43号機8月

さて、では1号機ではその後も降水量とサブドレン水の関係に何か変化があったか?ということを検証してみましょう。次の二つのグラフは、6月中旬以降の1号機のサブドレンと、浪江町の降水量をプロットしたものです。サブドレンの測定は週に3日と決まっているので、その測定の間(2日または3日)に降った降水量を足してあります。

9/4東京電力サブドレン2

最初のグラフのようにははっきりとした相関は読み取れにくくなってきていますが、それでもまだ明らかに降水量とサブドレン水の放射能の上昇には相関があることがわかります。

9/4東京電力サブドレン3

今回ご紹介したことは以下のことです。

・4月の2号機のサブドレン水は、1号機や3号機と比べて明らかにヨウ素の比率が高かった。何か理由があるはず。今はもうそのようなデータは読み取れない(検出限界以下になっているため)。
・1号機のサブドレン水は、雨が降ると放射能が多くなる。一方で、2号機にはこの現象は一切見られない。雨で地下水が増えることと1号機のサブドレン水の放射能の増加を説明できる理由は何か?


これが何を意味するのか?私にはこの謎は解けません。どなかたこの謎を解いてもられるとありがたいです。我こそはと思う方は挑戦してみてください。


関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

サブトレンと降水量

9月20に台風が関東を直撃して福島にも雨を降らしましたが、
この影響とサブドレンとの関係がやはりあります。
サブドレン核種分析データ
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/111001j.pdf

浪江町降水量データ9月分
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_a1.php?prec_no=36&prec_ch=%95%9F%93%87%8C%A7&block_no=0295&block_ch=%98Q%8D%5D&year=2011&month=09&day=&view=p1

一号は9月21日から、三号は9月24日からレベルが上昇しています。
降水量が増えたのが20日から21日かけてなので1,3号はあってますね。
二号は降水の影響を受けないのでやはり屋根がある分雨水が入り込まないのでしょう

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。