スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/8 厚労省は放射能検査の結果で定量下限値を示すように通知!

 
9/29、厚労省は都道府県に対して「食品中の放射性物質の検査結果について」という通知を出しました。この通知は、不検出の場合にNDの表記を止めて、例えば「<25」というように、定量下限値未満の場合にはその定量下限値を明示するように求めたものです。

これは情報開示を進めることですので、もっと大々的に宣伝すればいいのに、と思うのですが、このasahi.comに載っていただけのようです。

厚労省では、毎日HPにおいて、食品の放射能検査結果を発表しています。

例えば、10/1に発表された検査結果このような感じです。

10/7厚労省1(クリックで別画面)

上のケースでは右側の列において、セシウムが全て検出されて数値が記載されていますが、ヨウ素は「ND」になっています。しかし、このNDの記載について、asahi.comによると『消費者から厚労省に「NDとはなんだ」「詳しい数字を出して欲しい」などの質問や要望が相次いだ。』ということです。私のブログでは、検出限界値(や定量下限値)については文科省や東京電力の海水のデータの発表の仕方でさんざん取り上げてきていますので、私のブログを読んでいただいている方は「NDって何?」という質問はしないと思います。でも、詳しい数字を出して欲しいという要望は当然のことで、それを厚労省が都道府県に指示したというのは一歩前進だと思います。

その結果、10/3の厚労省の発表では、下図のように全ての検査結果においてNDという表現がなくなっています。ヨウ素については<1.2や<25、セシウムについては<25などと表示されています。

10/7厚労省2(クリックで別画面)

10/3の厚労省の発表からなぜ変わったかというと、これは厚労省が9/29に都道府県に対して通知を出したからなのです。

『今般、食品中の放射性物質の検査結果について、国民に対して分かりやすくかつ幅広く公表を行う観点から、検査結果の報告の留意点を下記のとおり取りまとめたので、10月3日分の報告より対応方よろしくお願いします。』

『検査結果について、放射性物質が不検出、または定量下限値未満であった場合には、検査結果欄に「<(検出下限)」を記載すること。なお、検出下限については測定時に得られる検出下限値を記載すること。』

また、具体的な各項目の記載方法について、下図のように詳細に指示を出しています。

10/7厚労省3(クリックで別画面)

上の図においては、『不検出または定量下限未満の値の際には、「<○(定量下限値)」を記載。』と「定量下限値」という用語が使われていますが、下に示したように、同じ通知の中でも、文章として記載する際には「<(検出下限)」と「検出下限値」という言葉を使用しています。この通知を出した人間が「検出下限値」と「定量下限値」を理解して使い分けているのか、理解せずに適当に記載しているのかはわかりません。役所の文章で、不統一な表現を使うことは通常はあり得ないので、どちらかが間違っていると思います。

私の印象としては、検出限界値と定量下限値の違いを理解しないで書いているように思えます。なぜなら、この下の図の文章で4.牛肉のスクリーニングのところでは、「検出限界」「測定下限値」という用語も使っています。これは、9/7に出された「牛肉中の放射性セシウムスクリーニング」においては「測定下限」という表現を用いているためにそれに合わせたのだと思います。とはいえ、一つの通知の中に使われている用語がこれだけバラバラだと混乱を招きます。用語を統一して、それぞれの意味(定義)もしっかりと書いて欲しいと思います。

10/7厚労省4

ちょっと文句も書きましたが、厚労省の通知により、定量下限値(検出下限値?)が記載されるようになったのは歓迎すべき事です。このような情報公開を、苦情が殺到する前にして欲しいと思います。今後も国民の視点で考えて情報公開をお願いしたいと思います


関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。