スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/16 茨城県の4市町村の原木シイタケに対して出荷制限指示

 
茨城県の4市町村(鉾田市、小美玉市、土浦市、行方市)で原木シイタケから暫定基準値の500Bq/kgを超える放射性セシウムが検出されている問題で、原子力災害対策本部は、原子力災害対策特別措置法に基づく出荷制限の指示を茨城県知事に出しました。

原木シイタケの問題は、「10/8 シイタケからの暫定基準値越え(静岡県の1033Bq/kgなど)相次ぐ!」でも取り上げていますが、出荷制限の指示が出ましたので、茨城県の現況についてまとめます。

茨城県の原木シイタケに対する調査は、茨城県のHP(10/14)にまとめられています。それによれば、最近の検査結果は以下のようになっています。

鉾田市(10/4)ハウス 990Bq/kg
小美玉市(10/11)露地 890Bq/kg
土浦市(10/11)ハウス 510Bq/kg
行方市(10/12)露地 830Bq/kg

以上の4市については、暫定基準値越えのため、原木シイタケの出荷制限の指示が出されました。露地栽培だけでなく、ハウス栽培であっても原木シイタケについては同じ扱いです。

一方、10/14の茨城県のHPによれば、出荷制限は課されませんでしたが、250Bq/kg以上の原木シイタケもかなりあります。

城里町(10/11)露地 260Bq/kg
笠間市(10/11)露地 290Bq/kg
茨城町(10/11)露地 260Bq/kg
茨城町(10/11)ハウス 290Bq/kg
(日立市(10/12)露地 101Bq/kg)
日立市(10/12)ハウス 260Bq/kg
かすみがうら市(10/4)露地 380Bq/kg
阿見町(10/14)露地 490Bq/kg

阿見町の490Bq/kgは、500Bq/kgを超えなかったから出荷制限されなかっただけで、実質的には出荷制限された土浦市と同レベルです。また、不思議なのは日立市で、日立市では同じ日に測定した露地とハウスで、ハウスの方が露地よりも高いという結果になっています。もちろん、日立市の中でも育てた場所が離れているのかもしれませんが、非常に不思議な現象です。

味の問題はあるかもしれませんが菌床栽培のシイタケを食べるか、原木シイタケはそれなりに放射性セシウムを含むという前提で食べた方がいいと思います。なお、菌床栽培のシイタケでは、「10/8 シイタケからの暫定基準値越え(静岡県の1033Bq/kgなど)相次ぐ!」で調べたように、福島県でも95サンプル中100Bq/kgを超えたのはわずか3サンプルだけで、ほとんどがNDか20Bq/kg以下です。


関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

Re: 原木しいたけの栽培方法

Maさん

情報ありがとうございました。

昨日今日とつくばで農産物フェアというのがありました。毎年恒例のシイタケを焼いて試食するコーナーがあったのですが、思わず「これは原木ですか?菌床ですか?」と尋ねてしまいました。原木だと聞いたので、一つで止めてしまいました。例年ならば、おいしいので何回も並んでいくつも食べてしまうのですが・・・・

今後ともよろしくお願いします。

No title

いつも良い記事として拝見しています。

きのこの生態にも栽培にも素人ですが(素人だからかもしれませんが)、原木しいたけの放射性セシウム汚染が、主にどの部分(原料なり工程なり)に混入したものを吸い上げているのか、の議論(研究報告でも検証結果でもよいのですが)を、一般には見かけないこともあり、ひとこと、コメントいたします。

ハウス原木ものでも検出があることを、私もずいぶん不思議に思っていて、何か手がかりはないか、と、原木しいたけの栽培方法を調べてみました。一般の検索です。

まず、原木しいたけ栽培に使われる「ほだ木」は、最短でも、前年の晩秋に採取するものらしいのです。つまり、現在(2011秋収穫分)のほだ木は、概ね、震災前(2010晩秋以前)に伐採された木ということになり、高濃度の放射性セシウムを含んでいたとは思えません。また、ハウスの中で、常に雨水が降りかかることも、考え難いです。

しかし、原木しいたけの基本的な栽培方法に、「仮伏せ」という工程があって、春先(4月ころ)に、ほだ木を積んで散水し、枝葉やネットで覆って1~2ヶ月保湿する、というものだそうです(この後、組み方を変え、風通しの良い日陰に置く「本伏せ」に入り、その後の秋・春にしいたけが発生する)。

この「仮伏せ」工程で使う「枝葉やネット、散水(に使う沢水)」の汚染ならば(※推論であり、仮定ですが)、ハウスでの汚染も説明がつきます。…そして、ほだ木を替えても、ハウスに入れても、こういった工程に気をつけないと、汚染が繰り返されるおそれがある、ということになります。

(なお、今秋(2011秋)以降に採取したほだ木には、(樹皮や葉といった表層だけでなく)幹の内部にも放射性セシウムを取り込んでいて、危ないものが出てくると思われます)。

しいたけに限らず、安全そうな食品を買い求める、というのは、短期的にはそれしか方法がない場合も多いのですが、消費者サイドのその場しのぎにすぎないことです。いかにしたら安全に供給できるか(あるいは、あきらめるしかないのか)という話に至らないと、長期的な対策には、なりません。
しいたけ農家さんのためにも、どこかの機関で、検証を行ってもらえないものなのでしょうかね(最後は、ぐちになってしまいました)。

今後も頑張ってください、更新楽しみにしております。

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。