スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/25 東京電力が発表した海底土の汚染状況 3回目の発表

 
10/3 東京電力の発表した追加の海底土の調査結果」の続きになります。
10/25、東京電力は10月分の海底土の調査結果をまとめて発表しました。

前回から16地点のデータが追加されたと思っていたのですが、今回の発表にはありません。そう思ってよく昨日「10/24 東京電力の海洋モニタリングに若干の追加(文科省の計画と合わせるため)」でご紹介した「今後の試料採取・測定頻度と核種分析計画について(10月24日)」をよく見たら、海底土の調査はこれまでの25地点だけになっていました。16地点追加したと思ったのは、一回だけ広範囲に測定してみただけだったようです。がっかりです。

では、今回発表された10月分の25地点のデータを見てみましょう。東京電力は、これまでの3回分のデータを比較できるようにまとめて発表してくれています。この情報開示のやり方はわかりやすいです。今回、前回と比べて著しく変動しているのは22番の相馬沖合3kmの地点です。過去2回二桁だったのに、今回はCs-134、Cs-137ともに1000Bq/kgを超えています。

10/25海底土2
(クリックで別画面)

これを下の地図で見ると、地図上の一番上の方の赤いです。この色分けは、海底土のデータではいつも同じ色分けになっています。どうしてここだけ急に増えたのか?原因は不明です。9月のデータは、9/9のものなので、今回の10/11の測定までの間には、台風15号が来ています。ひょっとしたらこの影響があるかもしれません。例えば大雨による河口(松川浦)からの大量の流出とか。でもこれは根拠がない単なる憶測です。

10/25海底土1

なお、同じ発表において、海底土のプルトニウムウランのデータも発表されていますが、プルトニウムのデータは、Pu-239とPu-240の量から考えて今回の事故に由来するとは判断できない、また、ウランは天然に存在するものと同じレベルという評価をされています。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。