スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/31 フランスIRSNが発表した海洋汚染の内容の仮日本語訳

 
昨日の「10/30 フランスIRSNが10/26に発表した海洋放射能汚染(東京電力の20倍)の解説」ではポイントを紹介しましたが、日本語で全部読みたいという方もいるでしょう。

先週末はこれにかかりっきりになってしまったので、せっかくなのでついでに追加情報として載せておきます。あくまで個人的に内容を理解するために作成したメモなのですが、もし著作権でクレームがついたら消しますので、そのつもりで。

手法は、pdfファイルのためにgoogle翻訳が使えなかったので、Excite翻訳でフランス語→英語にした文章を元に和訳した、仮の英訳と日本語訳です。8割は合っていると思います。日本語訳がおかしいところはおそらく元の英訳が間違っている可能性が高いです。そこまで遡ってチェックするのは大変なので、特に後半はいい加減です。魚介類への影響の記述などは、別にフランスのIRSNに言われなくてもわかっているのであまり参考にするべき事はありませんでした。

フランス語のわかる方で、明らかに誤訳でしょう、というのを見つけた方はご連絡下さい。修正します。(自分で自信がないところは?をつけてあります。最後はだんだん面倒になってきたので?が多いです。)

一応、Wordファイルで分割してアップロードしておきました。図を貼り付けたらファイルサイズが大きくなったので分割しました。

IRSN_20111026-1.doc

IRSN_20111026-2.doc

フランス語の原文はこちら


このあとに載せてあるものには図は付いていません。図付きで見たい方はWordファイルをご覧下さい。

福島第一で事故を起こした原発から放射性物質の海洋への放出の影響についての最新情報の要約

Summary updating the knowledge relating to the impact on the marine environment of the radioactive dismissals of the nuclear site damaged of Fukushima Dai-ichi

この現時点での注釈とコメントは、IRSNが同じ主題で7/11に発表した情報の最新版である。
This present information note and comment the introverted most recent information by the IRSN, since the previous note of information of July 11 dedicated to the same topic.


福島第一原子力発電所で2011年3月11日に事故が起こった後、海洋環境の強い放射能汚染が生じた。それは、4月8日まで続いた原発由来の汚染水が直接海に流出した事が主要な原因であったが、一部には3月12日~3月22日の間に大気中に放出された放射性核種の一部の海洋への沈着もある。発電所の直近の海水の濃度は、3月終わりおよび4月初めにはセシウム134および137については数千ベクレル/リットル(Bq/L)、そしてヨウ素131は100000Bq/Lを超えた。ヨウ素131はその半減期が8日と短いために速く減少し、5月の終わりには検出限界以下になった。セシウム137と134の中の濃度は4月11日からのこの海域において減少し始めた、そして7月中旬以降は検出限界(5Bq/L)以下になって、観測できなくなった。
A strong radioactive contamination of the marine environment occurred after the accident occurred in the nuclear plant of Fukushima Dai-ichi March 11, 2011. It had for main origin the direct tipping of waters contaminated from the power plant, that lasted until April 8, and to a lesser extent, the fallout in the ocean of a part of the radionuclides rejected in the atmosphere between the 12 and March 22. To immediate proximity of the power station, the concentrations in the water of sea reached end March and beginning April until several score of thousands of becquerels by liter (Bq / L) for cesiums 134 and 137 and even out of date 100 000 Bqs / L for the iodine 131. The iodine 131 decreased quickly because of its short radioactive period (8 days) and the results of measurement passed under the limit of detection end of May. The concentrations in cesium 137 and 134 began to decrease in this zone from April 11 and, since mid-July, passed below the limits of detection (5 Bqs / L) of the measure techniques used for the surveillance.
海水のCs-137の結果を解釈しながら、IRSNは3月21日から7月中旬までに直接海に排出されたCs-137の総量評価をアップデートした。こうして得られた値は27×10 15 Bqsである。この大部分(82%)は4月8日までに排出されたものである。海への放射性物質の排出はこれまで観測された中でもっとも多い量の排出である。しかしながら、福島近海の地理的状況が、太平洋の遠洋に向かって汚染水が移動する重要な海流に乗って例外的な放射性核種の拡散をもたらした。このようにして、海水や近海での海底土の測定から得られた結果から考えると、放射性防護の観点からは、事故の結果は2011年の秋からは深海魚にとっても(海水と海底土の蓄積が低濃度になって)弱いものになるだろう。
While interpreting the results of measurement of cesium 137 in the water of sea, the IRSN updated its evaluation of the total quantity of cesium 137 rejected directly in sea of March 21 until mid-July. The thus gotten value is of 27×10 15 Bqs, the majority (82%) having been rejected before April 8. This radioactive dismissal in sea represents the most important prompt contribution of artificial radionuclides for the marine ever observed environment. However, the localization of the site of Fukushima permitted a scattering of the exceptional radionuclides, with one of the most important currents of the globe that moved away waters contaminated toward the offshore in the Pacific Ocean. Thus, the results of measurement gotten in the water of sea and the inshore sediments let suppose that the consequences of the accident, in terms of radioprotection, would become weak for the deep-sea species from the fall 2011 (low concentrations in the water of sea and border sedimentary storage).
しかしながら、損傷した原発から近くの海水の意味のある汚染は長く続く可能性がある。というのも、放射性物質が汚染された陸地の土壌表面を通って海に継続的に運ばれてくるからである。それに加えて、どこかはわからないが、ある沿岸のエリアでは、これまで観測されているよりも希釈されにくかったり、海底にたまりにくい条件になっている可能性もある。最後に、やっかいな放射性核種としてSr-90やプルトニウムはまだ充分に測定では評価し切れていない。
However, a meaningful pollution of the sea water on the coastline close to the damaged power station could persist in the time, because of the continuous contributions of radioactive substances transported toward the sea by the streaming of the surface waters on contaminated soils. Besides, some zones of the coastline, no identified again, could show conditions of less favorable dilution or sedimentation than those observed until now. Finally, the possible presence of other obstinate radionuclides, as strontium 90 or plutonium, has not been characterized sufficiently by measures.
最近の観測結果においてもっとも汚染が残っているのは福島県の沿岸にいる海洋生物である。魚に加えて深海魚や濾過性生物?(filtreurs)は食物連鎖の頂点にいるので、長期的にはもっともセシウムの汚染に敏感である。だからこれら福島近海における海洋生物の監視を続けることが必要である。
The recent results of measurement show the persistence of a contamination of the navy species (let's pitch mainly) fished on the coasts of the prefecture of Fukushima. The organism benthiques and filtreurs as well as fish to the summit of the food chain are, in the length, the most sensitive to the pollution to cesium. It is justified therefore to pursue a surveillance of the navy species appropriated in the inshore waters of Fukushima.
1.海水への放射性物質による汚染の進展
1.EVOLUTION OF THE RADIOACTIVE POLLUTION IN THE WATER OF SEA

1.1 2011年3/11以降に海水の中に観測された主な放射性核種
1.1 The main radionucléides observed in the water of sea since March 21, 2011

3月21日以降、強力な放射性物質による汚染が福島第一原発の近くの海域で観測されている。この汚染の特徴は、海水や海底土、海洋環境で生きている生物のサンプリングによってなされた測定によって確かめられている。そしてその結果は文科省(MEXT)と東京電力(TEPCO)によって発表されている。IRSNは、日本での測定をできる立場にはないので、これらの結果を常に集めて分析することにより海洋環境の放射能による汚染を追えるようにしている。
From March 21 and in the days that followed, a strong radioactive pollution has been observed in the marine environment close to the nuclear plant of Fukushima Dai-ichi. The characterization of this pollution has been assured mainly by measurements done on sampling of water of sea, sediments and species living in the marine environment, whose results are published by the MEXT1 and TEPCO. The IRSN, which is not in situation to achieve some measurements in Japan, collect and analyze these results regularly in order to follow the evolution of the radioactive pollution of the marine environment.
日本で発表された測定は主にγ(ガンマ)線を出す核種によるもので、表1(Table1)に記載のあるものである。
The results of measurement published in Japan are mainly on gamma emitting radionuclides, listed in the Table 1.

Table 1 ; Main radionuclides measured in the water of sea
Radionuclides mainly detected
Radionuclide(核種)      Half-life(半減期)
Iodizes 131 (131 I) 8 days
Cesium 137 (137 Cs) 30.15 years
Cesium 134 (134 Cs) 2.1 years
Cesium 136 (136 Cs) 13.1 days
Tellurium 132/Iode 132 (132 Te - 132 I) 78 hours

他の人工的放射性核種については、多くは半減期が短いものであったが、時々低濃度で観測されている。純粋にβ(ベータ)線しか出さない核種についての測定はかなり少ない。Sr-90については海水において9回の測定しかないが、それらの結果は1-10Bq/Lの間である。その濃度は同じサンプル中で測定されたCs-137の濃度の1-20%である。これは、同じ事故で大気中に放出されたものから検出される比率(通常0.1%のオーダー)よりも高い比率になっている。
Of other artificial radionuclides, most with a short half-life, have also been discovered occasionally, in weaker concentrations. The measurements concerning the pure beta emitting radionuclides are less numerous: 9 results for strontium 90 in the water of sea, in concentrations comprising between 1 and 10 Bq / L, representing between 1 and 20% of the activity of the measured cesium 137 in the same samples, that is a more elevated proportion than the one observed in the atmospheric fallout of the accident on the terrestrial part of Japan, that is the order of 0.1%.

ヨウ素131(I-131)とセシウム137(Cs-137)は海洋環境においてもっとも多く観測された各種である。事故当時はもっとも主要な核種であったI-131は、半減期が短いためにその後数週間で急速に減衰し、5月末以降はもう検出限界以下になって観測されなくなった。
The iodine 131 (131 I) and cesium 137 (137 Cs) are the main radionuclides that has been observed thereafter in the marine environment. Although it is major at the time of the accident, the iodine 131 decreased strongly in the weeks that followed, because of its fast radioactive decrease, to the point no more detectable since the end of May.

この放射性物質の汚染には二つの大きな汚染源がある。事故を起こした原発から放出された放射能汚染水と、大気中に放出されたものが海面に落下して海水を汚染したものである。海水の放射性核種の濃度の進展(次のパラグラフ参照のこと)は二つの主要な汚染源はもはや測定では検出できないレベルになっている事を示唆している。しかし、沿岸の海水の汚染には、汚染された陸上を通って放射性核種が川から流れ込んでくるリスクが常にあることを認識しておく必要がある。
This radioactive pollution had two main origins: the liquid radioactive dismissals coming of the damaged site and the atmospheric fallout on the surface of the sea at the time of the scattering of the dismissals emitted in air. The evolution of the concentrations in radionuclides in the water of sea (to see following paragraph) indicates that these two main sources of pollution are not more detectable by the measurements of surveillance. However, it always remains a risk of regular contribution of radionuclides in the coastal marine environment, by washing of the contaminated lands and transportation of radioactive pollution by the rivers.

1.2 海水への放射性核種の拡散
1.2. Dispersion of the radioactive pollutants in the water of sea

原発近くで行われた測定は、3月21日以来海洋を強く汚染していることを示しており、これは事故で損傷した原発の中にあった高度に汚染された水の一部が流れ出した結果である。
The measurements done close to the power station showed a strong contamination of the marine environment from March 21, consequence of the out-flow toward the sea of a part of waters very contaminated present in the damaged units.
I-131とCs-137の空間的および時間的な濃度の進展は、海で測定された放射性核種の代表的なものである。結果は下の二つの図に作図して示してある。
The evolutions in the time and the space of the concentrations in 131 I and in 137 Cs are representative of those of the set of the radionuclides measured in sea. The results are synthesized below by the two figures:
-放出された放射性核種の流れを示す、原発付近の放水口の濃度(図1)
- the concentrations measured close to the emissary, who is representative of the flux of radionuclides rejected (Figure 1);
-Cs-137の濃度分布を示した図、これは時間の経緯と海水中の放射性核種の分布を示す(図2)
- the cards of isovaleurs of concentrations in cesium 137, that show the distribution of the radioactive pollution in the water of sea to different periods (figure 2).

Fig.1

原発付近で行われた測定は、20前後で比較的均一なI-131/Cs-137の比を示し、4月19日までは徐々に下がっていった。この低下は、測定時にすでに計算に入っている放射性ヨウ素の減衰によるものではなくて、見かけ上35日の半減期で海水からI-131がなくなっていくプロセスを示唆している。
The measurements done close to the installation give a relation relatively homogeneous IR (131 I / 137 Cs), to the about 20, with a weak tendency to the reduction during the time until April 19. This reduction, that doesn't result from the radioactive decrease of the iodine, already taken in account in the calculation of the report, suggest a process of regular elimination of the measured iodine 131 in the water of sea, with one period of obvious decrease (half-life) of 35 days.
同様な進展は3月27日から4月16日までに原発の10-20km南での測定結果にも見られるが、海岸から距離がある地点では見られない。この海水からヨウ素が積極的に減っていくという現象の原因は、現在の所わかっていない。この現象は、放出前の損傷した原発、あるいは海洋環境でのヨウ素の特殊な振る舞いを示すものかもしれない。
A similar evolution is observed to 10 and 20 southbound km between March 27 and April 16, but is not perceptible in the distance of the coasts. The reasons of this phenomenon of progressive elimination of the iodine in the water of sea are not identified currently; this phenomenon could reveal a specific behavior of the iodine, either in the damaged facilities, before dismissal, either in the marine environment.
4月19日以降は、I-131/Cs-137比率は変動が大きくなる。たぶんそれはヨウ素の放射能の減衰によって海水中でのI-131の測定が不正確さを増していくことによるものであろう。または、この変動は、4月11日には原発近くの海水の放射能が大きく低下したので、その日以来量的には大きく下がっているにもかかわらず、事故を起こした原発に残っていた放射性核種の組成が変動したからかもしれない。
After April 19, the IR report becomes (131 I / 137 Cs) very variable, probably because of the increasing inaccuracy of the results of measure of the iodine 131 in the water of sea, as its activity decreases under the effect of the radioactive decrease. It is also possible that these variations result from variation in the composition of the residual dismissals coming from the damaged site, even though these should have been a lot weaker from April 11, date to which begin a meaningful reduction of the radioactivity in the water of sea close to the power station.

Fig.2


図2(Fig.2)に示した図は4月11日から7月11日までの連続した期間におけるCs-137の濃度の平均を空間的分布として表したものである。それぞれの期間(4月11日から5月2日までは7日間、その後は14日間)の長さは充分な数の観測データが得られてその期間の代表的な補完をできるようにするためにIRSNで決めたものである。これらの図では原発付近から遠洋に向かって汚染が同じように分布している。濃度は時が経つにつれて低くなり、色分けしたゾーンのエリアが、これは検出限界値の約5Bq/L以上の濃度に相当するが、結果的に少なくなっている。
The fig of the Figure 2 represent the spatial distribution of the average concentrations in cesium 137 for successive periods, between April 11 and July 11, whose length (7 days of April 11 to May 2, then 14 days for the following periods) has been chosen by the IRSN in order to have a sufficient number of measurements distributed on the domain of survey to achieve a representative interpolation. These figs show a similar distribution of the pollution from the neighborhood of the nuclear plant toward the offshore. The concentrations decrease strongly during the time and the extent of the colorful zones, corresponding to the measurements superior to the limit of detection (about 5 Bq/ L), decreases consequently.
7月11日以降は、海での濃度は現在測定に用いられている検出限界値よりも大部分が下回っている。もう海に残っている汚染を追跡するのは不可能になっている。
After July 11, the concentrations measured in sea are for most part lower than the limits of detection of the measure techniques used for the surveillance; it is no more possible to achieve a representative inventory of the residual pollution in sea.

1.3 海洋に廃棄されたCs-137量のIRSNによる評価のアップデート
1.3. Update of the evaluation by the IRSN of the quantities of cesium 137 rejected in sea

図2(Figure2)の図から、IRSNはそれぞれの図に書いてある海洋の青いゾーンの中にあるCs-137の量の評価をアップデートした。この評価は深さの寸法(bathymétrie)に加えて、文科省が出している塩濃度と温度の関係から導き出された混合層の厚さが海深よりも薄い時にはその厚さを考慮に入れている。(この部分意味不明)
From the figures of the figure 2, the IRSN updated its evaluation of the quantities of Cs-137 present in sea, in the zone placed in the blue setting represented on these cards. This evaluation takes in account the bathymetry as well as the thickness of the mixture layer deducted from the saltiness - temperature profiles achieved by the MEXT, when this thickness is lower to the depth of sea water.
その結果は表2(Table2)に示されており、時間を追ってのこれらの量の変化は図3(Figure3)に示されている。
The results are presented on the table 2 and the evolution during the time of these valued quantities is represented on the figure 3.

Table2

Fig.3

この時間的進展は半減期(T1/2)が6.9日(95%信頼区間は5.7-8.6日)で指数関数に従っている。つまり、海水に残存するCs-137の量は6.9測定日ごとに半分になっているということである。この減少は、汚染されていない海水が海流に乗ってこの海域の中に常に流入することにより汚染された海水が希釈されていることによるものである。黒潮と親潮がこの海域で合流して遠洋に向かって流れていくためにこの割合は特に速い。この海域の海流が渦巻いている事を考慮に入れると、希釈のされ方が一定であることも特徴的である。
This evolution follows an exponential law with one period of T1/2 decrease of 6,9 days (interval of confidence to 95%: 5.7 - 8.6 days). It means that the quantities of present cesium 137 in the water of sea to the interior of the calculation zone decreased of half all 6.9 measurements days. This decrease results from the dilution of the sea water polluted by the marine currents that bring water non contaminated in the considered zone regularly. This rate of renewal is especially fast; it results from the intensity of the Kuroshio currents and Oyashio that meet in this zone and their general orientation toward the offshore. The regularity of dilution is also remarkable, if one takes account of the variability of the circulation tourbillonnaire observed in this zone of mixture.

この活発な希釈の減少は、沿岸水の事故のインパクトを削減するのには好都合である。汚染された水は東方、すなわち太平洋の中心部に素早く輸送され、そこで海水が拡散効果によって希釈され続ける。
This phenomenon of active dilution is favorable to the reduction of the impact of the accident in the inshore waters. The contaminated waters are transported eastward quickly, toward the center of the Pacific, where they continue to dilute themselves under the effect of the scattering of the navy waters.
長期的に見ると、この希釈のリズムは二つの減少によって修正される。
To longer term, the rhythm of this dilution could be modified by two phenomena:
-海流(黒潮と親潮)の季節的な変動
- the seasonal variations of the oceanic circulation (Kuroshio and Oyashio);
-福島第一原発の事故による放出で早期に汚染された海水がこの海域に戻ってくる。こsれは北西太平洋のこの海域の大規模な循環効果によるものである。この現象は事故前に存在していたCs-137のレベル(0.001-0.004Bq/L)以下にまで戻ることを妨げる。
- the return in this zone of navy waters early polluted by the dismissals of the accident Fukushima Dai-ichi, under the effect of the recirculation of the water masses in the zone of the pacific northwest. This phenomenon could prevent or could delay the return to levels of concentrations in cesium 137 comparable to those that preexisted before the accident (between 0,001 and 0,004 Bqs / L) 2.
このようにして、陸上での汚染が数年間残るのに対して、海洋環境での汚染期間は約6ヶ月で収まる。この期間は海洋環境の事故による汚染一般に特徴的なものではない。海流の動力学や、遠洋に向かっての方向や、受け皿(ここでは太平洋)のサイズによって影響を受けるものである。もしこの事故が近海で(例えば西日本で)起きたり、湾の中で起きていたら、結果は短くなったり長くなったりするであろう。比較の例として、英国ChannelのFlamanvilleの発電所があるNorman-Breton湾の水の半減期は約3ヶ月である。Norman-Breton湾の海流の流れは非常に速いが、それは福島地方で観測された半減期(6.9日)の12倍長い。
Thus, to the difference of the terrestrial environment where a residual deposit is going to persist during several years, the period of acute contamination of the marine environment is circumscribed on about six months. This length is not a general characteristic of an accidental pollution in marine environment. It results from particularly favorable streamlined conditions bound to the dynamics of the currents, their orientation toward the offshore and to the size of the receiving (the Pacific Ocean) environment. If this event had taken place in a closed sea (to the west of Japan for example), or in a bay, the consequences would have can be increased to short and long term. To title of comparison, the half-life of the waters of the Norman-Breton gulf where is localized the power station of Flamanville in English Channel is of about three months, that is twelve times longer than the one observed in the region of Fukushima, although the currents of tide are there especially intense.
4月8日の減衰カーブを外挿すると、3月26日から4月8日までのメインの放出期間の終わりにおけるCs-137の総放出量を予想することができる。外挿して計算した量は、22×1015 Bq(22×百万の10億倍ベクレル)である。95%信頼区間は20.8~23.1×1015 Bqである。この計算をするに当たって一番大きな誤差は、混合層の深さ(?)の計算である。その不果実性は約50%である。今回の海へのCs-137の放出を計算するに当たっての再評価によって、7月にIRSNが評価した数値の約2倍になった(7月11日に発表した報告を参照のこと)。また、東京電力(TEPCO)が6月に発表した数値の20倍である。
The extrapolation of the regression curve the date of April 8 allows to estimate the total quantity of 137 Cs rejected at the end of main period of dismissal (March 26 -April 8). The quantity estimated by extrapolation is of 22×10 15 Bqs (22 millions of billions of becquerels), the interval of confidence to 95% being from 20.8 to 23.1 10 15 Bqs. The main mistake associated to this calculation is bound to the evaluation of the mixture depth; this uncertainty is valued to about 50%. This reappraisal of the cesium 137 dismissals in sea drives to a result about two times more elevated than the one valued by the IRSN in July (to see IRSN note of July 11 relative to the impact on the marine environment of the radioactive dismissals of the nuclear site damaged of Fukushima Dai-ichi), and 20 times larger than the evaluation made by TEPCO, published in June.
IRSNでは、この希釈現象が定常的で均一的であるという事を考慮すると、3月26日から4月8日までのCs-137の総量と原発のすぐそばの海水中で測定されているCs-137の濃度に相関があることが経験的にわかっている。この相関性を有意な測定の数が少なすぎてこの日以降はまともな計算ができなくなる7月18日までに観測された結果に応用すると、IRSNは7月中旬までに海水に放出されたCs-137の総量を決めることができる。そして得られた値が27×1015 Bqである。すでに予見されているように、ほとんどの放出は4月8日までに起こっており、この日以降の寄与は全体に対してわずか18%にすぎない。これまで海洋の観測で得られた人工放射性核種による最大の放出量である。
The IRSN could establish an empiric interrelationship between this total quantity of valued cesium 137 for this period of March 26 to April 8, and the average concentrations in cesium 137 measured in the water of sea of immediate proximity of the damaged power station, during the same period, while considering that the phenomena of dilution are steady and homogeneous to this scale. As applying this interrelationship to the measurements done until July 18, date beyond which the number of meaningful measurements becomes too weak to achieve a rejected evaluation correct of the flux, the IRSN could determine the global quantity of cesium 137 rejected in the water of sea until mid-July. The thus gotten value is of 27× 10 15 Bqs. As foreseen, the essential of the dismissal took place before April 8, the dismissals estimated after this date only representing 18% of the global dismissal. It is about the largest prompt amount of artificial radionuclides in the marine ever observed environment.
タイトルに示すように(?)、このCs-137の27×10 15 Bqsの全体的な影響としては、太平洋全体で希釈され、0-100メートルの深さにとどまり、大気中に放出された降下物による海水のバックグラウンドレベル(0.002Bq/L)の2倍である0.004Bq/L程度に希釈されるであろう。(?)
現在の検出技術を用いると検出できるとはいえ、この濃度は天然に海水に存在するK-40(12Bq/L)のわずか1/3000にしかすぎない。セシウムは基本的には海水に溶けて何十年も観測することが可能である。従って、1960年代の地上核実験の残ったCs-137は世界的に検出可能なのである。
To indicative title, this global contribution of 27×10 15 Bqs of cesium 137, dilute on the whole of the Pacific while supposing that it remains between 0 and 100 meters of depth, would drive to associated (0.004 Bqs / L) concentration that would double the residual background noise in the water of sea due to the fallout of the atmospheric nuclear tests (0.002 Bqs / L). Although measurable with the present techniques, these concentrations would only represent the 3000 ème of the natural concentrations in potassium 40 in the water of sea (12 Bqs / L). Cesium is essentially dissolved in the water of sea and will remain measurable during decades; thus, the resulting cesium 137 of the atmospheric nuclear tests of the years 1960 is again clearly identifiable on a world scale.
福島原発事故の時に、海水に放出されたCs-134はCs-137と同じくらいのレベルであった。しかし、これら二つの放射性核種の半減期は異なっており、それぞれ2年と30年である。Cs-134/Cs-137の比はだんだんと減っていき、数年後には北太平洋の海面で希釈されるために、福島原発事故由来であることを認識するのに使えなくなるであろう。(?)
At the time of the accident of Fukushima, the activity of cesium 134 rejected in sea was the same level that the one of cesium 137, but the radioactive periods of these two radionuclides being different, respectively of 2 and 30 years, the report of activities 134 Cs / 137 Cs will decrease during the time and will be able to serve during several years to identify and to date the masses of waters contaminated by the dismissals of Fukushima to the scale of the waters of surface of the North Pacific.


1.4 大気中から海面への降下物
1.4. Atmospheric fallout to the surface of the sea

主に3月12日から22日まで、福島第一原発における水素爆発と原子炉の格納容器の圧力が減少した事により大気中への放射性物質が放出された。特に海上に多く放出された。放射性プルームに含まれている放射性核種は海に落ち、原発から何十キロメートルも離れた海面に汚染をまき散らした。
Mainly between the 12 and March 22, atmospheric radioactive dismissals provoked by the explosions and the depressurizations of the surrounding walls of confinement of the reactors of the power station of Fukushima Dai-ichi have been dispersed, notably above the sea. A part of the radionuclides contained in the plume could fall again to the surface of the sea, dragging a diffuse pollution of the surface waters until score of kilometers of the damaged site.
このまき散らされた汚染は、海においては証拠を得ることが難しい。なぜならば、大気中からの降下物を受けた表層の海水はすぐさま海面の他の水と混ざってしまい、拡散していくのである。このような放射性物質の効果の影響に関する情報は、降下してから1-2日で海水を測定しない限りわからない。3月24日以前は、直接の海水の流出は比較的少なかったので、原発から10km以上離れた海水において測定された放射能は大気からの降下物によると判断することができた。それらはCs-137で9-13Bq/Lであり、I-131/Cs-137比率で5~12であった。これは日本の陸地の環境において観測された比率とほぼ比較できるものであった(IRSNの9月27日のレポートを参照のこと)。
This diffuse pollution is difficult to put in evidence in sea because the superficial waters receiving the atmospheric fallout are mixed quickly with the rest of the sea water, by phenomena of advection and scattering. Only the measurements of sea water achieved few days after the deposit can provide an information on the impact of these radioactive fallout. Before March 24, when the direct liquid dismissals were again relatively weak, the concentrations measured in the water of sea to more of 10 km of the installation can be assigned to the atmospheric deposits. They vary from 9 to 13 Bqs / L for the 137 Cs with a report variable (131 I / 137 Cs) IR of 5 to 12, comparable to what has been observed in terrestrial environment to Japan (to see IRSN note of relative September 2011 27 to the radioactive contamination of the Japanese terrestrial environment provoked by the accident of Fukushima Dai-ichi).
同じ頃、日本において報告された測定結果により、原発よりも10km以上南にある沿岸において、別の汚染されたゾーンがあるということがわかった。Cs-137で20~100Bq/Lであり、I-131/Cs-137比率で35~110であった。この汚染は別の大気からの降下か、または3月21日に判明した汚染よりも以前の直接の汚染水による汚染かである。
During this same period, the measurements published in Japan revealed the presence of another zone polluted along the coast to more of 10 km in the south of the installation with values of 20 to 100 Bqs / L of 137 Cses, with a report active (131 I / 137 Cses) IR of 35 of 110. This pollution can be assigned to a different atmospheric deposit, or to direct liquid dismissals previous to those identified from March 21.
海洋への大気からの降下物は、福島第一原発由来の大気中への拡散のモデルがアップデートされたことを受けてIRSNによって再評価された。この新しい評価によって、半径80kmの園内にある海面へのCs-137の蓄積は、76×1012Bq(76000兆Bq)となった。この数値は、7月に評価した数値よりも10倍低いものである。この海洋への汚染は、パラグラフ1.3においてIRSNが評価した福島第一原発から直接海面を汚染したCs-137の全体の0.3%を占めるにすぎない。図4(figure 4)の図に示すのは、日本の海における大気中の汚染の空間的な分布である。この海に向けて大気中に放出されたのは、全体でCs-137にして11.5×1015Bqと計算されている。日本の国土に落下したもの以外に、大部分は拡散し、長距離を隔てて海洋や北半球の大陸に落下したと考えられる。
The atmospheric fallout on the navy surfaces have been revalued by the IRSN, thanks to the update of modelling of the atmospheric scattering of the dismissals of the power station of Fukushima Dai-ichi. According to this new assessment, the deposit accumulated of cesium 137 on the sea in a radius of 80 km would be of 76.10 12 Bqs (76 000 billions of Becquerels), value about 10 times weaker than the one valued in July. This contribution of contamination in sea would only represent 0.3% of the global activity of cesium 137 rejected directly in sea by the power station of Fukushima Dai-ichi, valued by the IRSN to the paragraph 1.3. The card of the figure 4 represents the spatial distribution of this deposit on the Japanese marine domain. This evaluation of the atmospheric deposit on the sea is based on a total atmospheric dismissal valued in 11.5×10 15 Bqs of 137 Cs. Besides the deposit formed on the Japanese earths, the major part of this dismissal had to deposit themselves in a diffuse way on the oceans and the continents of the northern hemisphere, on big distances.

Fig.4

1.5 Cs-137が海水中で遠洋へと拡散していくモデルのシミュレーション
1.5. Simulation of the cesium 137 scattering in the water of sea to the offshore of Japan

IRSNは福島第一原発で放出された放射能の拡散のシミュレーションを行うため、IFREMERを用いた。この用いられたモデルはMarch 3Dというもので、ヨーロッパモデルのECMWFによって与えられた地理学的制限がある。?
The ifremer has been solicited by the IRSN to achieve simulations of the scattering of the dismissals of Fukushima Dai-ichi. The used model is the model March 3D, the conditions to the limits Source: Streamlined IRSN come from Mercator-ocean, the meteorological forçage is given by the model European ECMWF.
このシミュレーションに考慮されたCs-137の拡散は、パラグラフ1.3.に示された計算から由来するものであった。Cs-137が溶解可能な形で分散するという仮設にもとづくものである。
The dismissal of taken cesium 137 in account in this simulation is the one descended of the calculations presented to the paragraph 1.3; it has been made the hypothesis that cesium 137 dispersed itself under soluble shape.
原発から1kmの場所での結果がシミュレーションの結果と合致したので、この拡散のシミュレーションは、小スケールにおいても適応できることがわかった。?
The measured and affected concentrations unless a kilometer of the installation shows results in agreement, the term-source took in account reproduces the scattering well to small scale.
図5(figure5)は、福島から北西太平洋へのスケールで拡散が起こっている結果をシミュレーションしたものである。この結果は南から来る黒潮と北から来る親潮の間に直面する海流の複雑性と可変性を示している。拡散の構造(?)は、ToulouseのSirocco(注:シミュレーションソフトの名前)によって影響される構造に匹敵するものである。
The figure 5 reproduces the results of simulation of the scattering of the dismissals of Fukushima to the scale of the Pacific northwest. It illustrates the complexity and the variability of the currents resulting from the confrontation between the Kuroshio coming of the south and the Oyashio coming from the north. The structures of scattering are comparable to those affected by the model Sirocco in Toulouse.
7月1日から、海水の放射能濃度が現在の検出器の検出限界以下になった。昔から海洋学で用いられている古典的なテクニック(検出限界<0.001Bq/L)を用いれば、おそらく検出できるであろう。
From the 1 er July, the affected concentrations are generally lower to the limits of surveillance detection applied to the measurements. They would be identifiable with the techniques used classically in oceanography (LD < 0.001 Bq/L).

Fig.5


2.海底土中の放射性核種
2. THE RADIONUCLEIDES IN THE SEDIMENTS

海水中の攪拌物は周りの水中に解けている放射性核種の一部を見る傾向にある。これらの物質は最終的には海底に蓄積し、海底の表面的な汚染を引き起こす。?
Matters in suspension in the water of sea have the tendency to fix a part of the radionuclides dissolved in the column of water, according to the levels of activity in the surrounding water. These matters end up depositing to the bottom of the sea, provoking a contaminated superficial deposit.
海底土のサンプルは福島第一原発の186km離れたところ、あるいは70km沖合まで集められている。深さは20mから200mまで収集されている。サンプリングの条件、深さ、サンプルの粒径や性質はこれらの結果の発表時には報告されていない。これらのパラメーターは測定された海底土の濃度に影響することがあるので、日本で発表されたこれらの測定の結果の解釈は慎重に行う必要がある。詳細が報告される時には、乾燥土1kg中の濃度として発表されている(10回に1回程度)。
Samples of sediment have been collected until 186 km of Fukushima Dai-ichi and 70 km to the offshore of the coast, to an active depth of 20 to 200 m. The depth and the conditions of sampling, the nature and the granulométrie of the samples have not been communicated at the time of the publication of the results. As these parameters can influence the mass concentrations of the measured sediments strongly, it agrees to interpret the results of measure published in Japan with prudence. The results are given in kg of dry mass when this precision is brought (once on ten).
4月29日以来の184サンプルの中で、海底土でもっとも測定されている放射性核種はCs-137(183の有意な結果)
Among the 184 measured samples since April 29, the main radionuclides measured in the sediments are - cesium 137 (183 meaningful results);
-Cs-134(178の有意な結果)、Cs-134/Cs-137比率は3月11日で0.95。(?:原文はrapporté au 11 mars de 0.95)
- cesium 134 (178 meaningful results), with a report 134 Cs / 137 Cs returned to March 11 of 0.95;
-Cs-136(6つの有意な結果)
- cesium 136 (6 meaningful results);
-I-131(4月末以来17の有意な結果;7月9日以来検出なし)、I-131/Cs-137比率は 3月11日で23
- the iodine 131 (17 meaningful results from end April; no detection after June 9), with a report 131 I / 137 Cs returned to March 11 of 23;
-Te129とTe-129m(28と36の有意な結果、10~16000Bq/kg)
- the telluriums 129 and 129m (28 and 36 meaningful results going from 10 to 16 000 Bq/kg)
-Sr-89とSr-90(2つの有意な結果、10-140Bq/kg)
- strontiums 89 and 90 (2 meaningful results, of 10 to140 Bq/kg);
-プルトニウム239と240(6つの有意な結果、0.09-0.49Bq/kg)
- plutoniums 239 and 240 (6 meaningful results, of 0,09 in 0,49 Bq/kg);
-Ba-140(一つの有意な結果、2900Bq/kg)
- the barium 140 (1 meaningful result of 2900 Bq/kg).

図6(Figure 6)は測定されたサンプルのCs-137の濃度の進展を示している。それぞれのサンプルの福島第一原発からの距離と濃度をプロットしている。濃度は1-10000Bq/kgの範囲にあるが、平均するとだんだんと増加する傾向にある。この進展は海底土の粒子にセシウムが移行していく流れに加えて、細かい粒子の蓄積に起因している。海水でのセシウムの濃度の減少を考慮すると、この進展は数ヶ月で収まるものと思われる。最も濃度が上昇したのは原発の近くである(100000~150000Bq/kg)。4月7日以前に38km以上離れた地域でも4ヶ所から10000Bq/kgを超える値が出ているが、その後の測定ではそれが確認できていない。
The figure 6 shows the evolution of the concentrations in 137 Cs of the set of the samples inventoried, as well as the respective distance to the emissary except close to the power station of Fukushima Dai-ichi, the concentrations usually vary from 1 to 10 000 Bq/kg, with a average tendency to the increase during the time. This evolution can result from the kinetics of cesium transfer toward the sedimentary particles, as well as of the processes of deposit of the finest particles. Considering the reduction of the concentrations in the water of sea, this evolution should stabilize during the coming months. The most elevated concentrations are raised near the the emissary (100 000 and 150 000 Bq/kg). Four values superior to 10 000 Bq/kg had been raised to more of 38 km of distance before April 7, but have not been confirmed by the subsequent measurements.

Fig.6

図7(Figure7)は海底土のCs-137の濃度分布を図にしたものである。IRSNによって、10000Bq/kgを超える原発近くの6つのサイトのデータは除いてある。それ以外では通常1000Bq/kgに達しない。これらの数値はセシウムの海水と海底土の分布係数が通常1000を超えることを考慮すると比較的小さいものである。つまり、海水で100Bq/Lを超えるような地域(パラグラフ1.2を参照のこと)においては、海底土は100,000Bq/kgを超えることが一般には期待される。Cs-137による海水の一時的な汚染ではおそらく海底土をサンプリングした場所が通常のバランスに達していなかったのであろう。最近沈降した粒子が表層の海底土を形成するのに貢献しているが、これらはサンプリングした時の堆積の一部を占めるにしかすぎなかったのであろう。
The figure 7 presents a card of the distribution of the concentrations in 137 Cs in the sediments. It has been established by the IRSN while excluding the six measurements near of the site whose concentrations passed 10 000 Bq/kg. The reached concentrations are generally lower in 1000 Bq/kg; they are relatively low considering the coefficient of distribution to the balance of cesium between the water of sea and the sediments, that is usually superior to 1000. Thus, with concentrations superior to 100 measured Bqs / L in the water of sea of the coastline (cf. § 1.2), one could have expected to find concentrations of 100 000 Bq/kg in the sediments. The transient pollution of the sea water by cesium 137 didn't probably allow a stake the balance with the sampled sedimentary stock. Only the particles lately set down contributed to the marking of the superficial sediments and they only represent a fraction of the volume sampled at the time of the withdrawals.
終わりに、海底土の粒子を形成している放射性核種の一部が海水の列に呼び戻されやすい(?)。海底土は二次的汚染源として振る舞い、拡散する。近海のエリアでは、海底土の汚染は汚染された海水と海底土の表面の直接の接触によるものがおおく、より深部の海底土と混ざったり移送されて広がっていく。深海においては、放射性核種の一部が海水の中での生物学的活動のプロセス(まずは植物プランクトンによる固形物の生産、動物プランクトンによる再生産、フンの生産、海底に向かっての輸送)によって輸送されて海底土に混ざっていくことが予想される。
To term, a part of the radionuclides that set on the sedimentary particles is susceptible to be recalled in the navy water column. The sediments will behave then like secondary sources of contamination, deferred, distant and diffuse. In inshore zone, the contamination of the sediments resulted mainly from the direct contact between the water of sea polluted and the sediments of surface and could propagate itself by transportation and mixture with deeper sediments. In deep-sea domain, one must expect to find traces of radionuclides to the interface water-sediment due to their transportation toward the bottom by processes bound to the biologic activity in the open ocean (primary production of solid materials by the phytoplankton; grazing by the zooplankton; production of stools; direct transportation toward the bottom).

Fig.7

図7(figure7)にある図によれば、海底土に固定されたCs-137の量は比較的少ない。将来海水中に大量に放出されることはないであろう。アイルランド海の海底土のセシウム放出の期間は2年であった。この条件下では、1000Bq/kg汚染された海底土の最初の10cmは2年後に20-200mの海底で500Bq/dm2になった。海水の流通速度が50%入れ替わるのに6.9日と速いことを考慮すると、海水にすると5-50mBq/Lの濃度になるかもしれない。?
According to the card of the figure 7, the stock of cesium 137 fixed on the sediments appears relatively low; it should not make a marking of the sea water by very elevated release in the future. The period of cesium release noted in the sediments of the Sea of Ireland is of two years3. In these conditions, the first ten centimeters of sediment contaminated in 1000 Bq/kg would bring in two years 500 Bq/dm2 at 20 to 200 m of water that overhang them. Considering the kinetics of renewal of waters noted (50% of renewal every 6.9 days), the induced concentrations would be on average of about 5 to 50 mBq / L in the water of sea.
このような濃度では、深海にいる生物の放射性防御という点ではあまり影響はないであろう。
These concentrations should not have an impact in terms of radioprotection for the deep sea organisms .
この濃度は浅いエリアやあまり海水が入れ替わらない所では上がるかもしれない。残っている海底土に直接触れることになる底生の生き物や濾過性?の生き物には影響が出る可能性もある。
These concentrations could be raised more in the least deep zones or having a weaker renewal rate. The organisms living benthiques directly in contact with the bottom or the organisms filtreurs could be concerned then directly by the residual pollution of the sediments.

3.海洋生物および川に生息する生物における放射性核種
3. THE RADIONUCLEIDES IN THE NAVY AND FLUVIAL SPECIES

3.1 海や川の魚の測定結果
3.1. Results of measurements gotten on fish fished in sea or in some rivers

海洋生物(特に魚)のサンプリングは日本において3月末以来、主に福島原発の南の海域で行われてきた(図8:figure8)。
Withdrawals of products of the sea (essentially of fish) have been achieved in Japan since end of March in different places, mainly to the south of the power station of Fukushima Dai-ichi (figure 8).

Fig.8

放射性セシウムの量が暫定基準値(Cs-134とCs-137の合計が500Bq/kg)を超える生物のリストは日本の当局によって夏の間に作成された(表3:table3)。一般的にいって、新しくこれらのリストに加わったものは以下のものである。
The list of the animal species for which of the contents in cesium passes the admissible maximal levels for the food consumption (500 Bqs / kg for the sum of cesiums 134 and 137) has been spread by the Japanese authorities during the summer (table 3). In a general manner, the new species integrated to this list are:
-6月までは取ることが禁じられていて夏になってから監視が強化された。(?)
- either of the species that were deducted very punctually before the month of June and whose surveillance intensified during the summer;
-夏から漁が始まった魚種。(?:soit des espèces qui n’ont été prélevées qu’à partir de cet été.)
- either of the species that has not been deducted from this summer.
このわずかな情報では、海洋環境の汚染の進展を汚染のレベルが上昇している種類の数が増えているということからいうのは不可能である。これらの全ての生物は福島県由来であって、それ以外の地域の魚は暫定基準値越えをしていないということに注目することは重要である(図8B、C:figure8B,C)。
It is not therefore possible, with these only information, to assign this growth of the number of species presenting some elevated levels of contamination to an evolution of the contamination of the marine environment. It is important to underline that all these organisms come from the prefecture of Fukushima and that no organism fished out of the zone close to the power station or to the offshore doesn't pass these admissible maximal levels (figure 8 B and C).

table3


図9(figure9)には、充分なデータが得られている海洋の魚種に関するデータがまとめてある。海水魚だけでなく、この図には2種の海水と淡水とで生きる魚と、5月から解禁になった鮎とヤマメ(?)も含まれている。
On the figure 9, are reported the results of measure concerning the navy species for which data are gotten enough regularly. Besides the animals exclusively marine, this figure also presents the relative data to two species amphihalines (species that do some migrations between the soft waters and the waters of sea), that have been appropriated from beginning May in lake or in river (the Ayu and the salmon masou).
Fig.9

3.2 海洋動物の中で認められた汚染濃度
3.2. Concentrations observed among the marine animals

海洋生物の中で、魚の監視が始まった時に最も汚染のレベルがひどかったのはイカナゴ(コウナゴ)である。福島県や茨城県で採れたサンプルの全てにCs-134やCs-137が検出された。しかしながら、沖合の2サンプルからはセシウムは検出されなかった。イカナゴは日本人が1月から4月の間に幼魚の段階でよく漁をして食べる魚である。成魚は5月から12月の間は海底土に潜り、漁ができなくなる。だからこの種のデータが4月末にはなくなったのである。
Among the marine products, the most elevated levels of contamination, detected in the beginning of the surveillance of the products of the fishing, concerned Japanese lance. Cesiums 137 and 134 have been detected in all samples of this species appropriated in the prefectures of Fukushima and Ibaraki. These radionuclides have not been detected however in two samples appropriated to the offshore. The eel of the sands or Japanese lançon (Ammodytes personatus) is fished and is consumed by the Japanese to the larval and juvenile stages that are stages pélagiques (who live in the column of water) on the period January-April. The adults as for them live bury in the sediment of the month of May until the month of December and are not fished anymore, what explains the quasidisparition of the relative data to this species from end of April.

コウナゴの濃度に加えて、図10(figure10)は二つのセシウム核種量が暫定基準値以下の魚のデータをプロットしている。魚の汚染が進展しているのかどうかは、この分散の大きさを見ていると判断するのは難しい。しかし、ヒラメは、この魚は生活環境が海底土と強い相関にある魚であるが、日本で測定されるセシウムの濃度範囲が上がってくると上がってくる。?
Besides the concentrations in the eels of the sands, the figure 10 shows the evolution of the concentrations for the two isotopes of cesium at other species that are the subject of regular withdrawals. It is difficult to distinguish a temporal evolution of the contamination of fish, considering the big scattering of the results gotten. However, the halibuts, the stripes and in a least measurements the grondins, all characterized by one life style in strong relation with the sediment, are rather located in the values raised of the concentration range in cesium observed in Japan.
魚に加えて、福島県のウニ、かにのサンプルは放射能濃度が高くなっている。?
Besides fish, it is to note that the samples of sea urchins, elms and clams appropriated in the prefecture of Fukushima can also reach elevated levels.
I-131についていえば、6月中旬以降は生物中に検出することはなくなった。これは周辺の環境に合致している(パラグラフ1.2参照)
With regard to the iodine 131, it is not detected anymore in the organisms since the mid-June (figure 10), in accordance with its evolution in the surrounding (to see the paragraph 1.2) environment.

Fig.10

3.3 淡水魚の放射能濃度
3.3. Concentrations observed among fish amphihalins fished in freshwater

データはアユ、サケ、ヤマメなどで収集されている。福島県の川で収集されたサンプルがより高い数値を出している。これは周辺の環境の汚染レベルと直接関係がある。
The data acquired on fish amphihalins concern the Ayu-sweetfish (Plecoglossus altivelis), species amphidrome4 and the salmon, essentially the salmon masou (Onchorynchus masou), species anadrome5. The samples the more marked have all been harvested in rivers of the prefecture of Fukushima, what is to put directly in relation with levels of contamination important of these surroundings.

3.4 海洋生物を待っている進展。
3.4. Evolution waited for the navy species

一般に、魚は海洋のセシウム汚染における中長期の最も優れた指標生物である。セシウムは魚の中では濃度が上昇して存在し、食物連鎖の上位にいる生物ほど高い傾向がある。結果として、非常に短期間に食物連鎖の初期に位置づけられる種類にセシウムの上昇が見られたが、長期的に見ると、食物連鎖の上位の連鎖へのセシウムの移転が行われ、食物連鎖の頂点にいる捕食生物はより高い濃度になることになる。このレベルは海底土や汚染領域に近い生活パターンを持っているとより高い濃度になる。
In a general manner, these are the fish who will be to middle and long terms the best indicators of the contamination in cesium in the marine domain. Indeed, cesium presents some more elevated factors of concentration among fish and show a tendency to increase for the most elevated species in the food chain. Consequently, so short-term, the most elevated concentrations are rather found at the species situated in the beginning of the food chain, longer-term, once the transfer in the different links of the food networks will be efficient, these will be the predators in top of the food chain that should present more elevated levels. These levels should be of as much more elevated for the species having one life style in strong relation with the sediments and having their habitat close to the contaminated zone.
従って、海水中のセシウムの汚染が福島第一原発付近では充分に下がったとはいえ、まだ日本の北東部の沿岸にいる海洋の魚への監視を続ける必要がある。
Thus, even though the contamination in cesium in the water of sea decreased strongly close to the power station of Fukushima Dai-ichi, it is justified to maintain a surveillance of the navy species fished in the coastal waters of the coast northeast of Japan.

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。