スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/4 海洋放射能汚染で魚を食べても大丈夫か?その4

昨日、大騒ぎになる前に魚の中の放射性物質について調べておきます、と言ったら、さっそく今日には茨城県のコウナゴから放射性物質が検出というニュースがありました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017ut3.html

まず、お断りしておきますが、食品中のデータの基準値には、魚介類のヨウ素131の基準値はありません。これは、理由はわかりませんが、半減期が短いということが影響しているのかもしれません。

厚労省が4/2に発表(4月1日に採取)したデータです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017ut3-att/2r98520000017uxp.pdf
4/2発表データ
                ヨウ素 セシウム(Bq/kg)
大洗町沖 カタクチイワシ  130    30
大洗町沖 コウナゴ     1900    66
鹿島市沖 鹿島灘はまぐり  30    19
鹿島市沖 サヨリ        7.2    11
神栖市沖 ヒラメ      検出せず  検出せず
神栖市沖 マコガレイ   検出せず  検出せず

厚労省が4/4に発表(4月1日に採取)したデータです。茨城県北茨城市の平潟漁協が発表しました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000017ut3-att/2r98520000017uxw.pdf

                  ヨウ素 セシウム(Bq/kg)
北茨城市長浜沖 コウナゴ   4080   448
(セシウム134:250Bq/kg、セシウム137:197Bq/kg)

報道では、放射性ヨウ素が高めに出たことを報じていましたが、基準値がないため、特に大騒ぎにはなっていないようです。放射性セシウムは、基準値の500Bq/kgを超えていませんがギリギリでした。
昨日、500Bq/kg前後の混入があるかもしれないと予想しましたが、予想通りの数値がいきなり出てしまいました。

文科省が今日発表した海洋のデータは、一昨日のデータとあまり変わらない数値ですし、東京電力は最新のデータを発表しないので、判断の元になるデータには変わりありません。私の予想としては、放射性セシウムが500Bq/kg程度になり得るという予想は変わりません(これよりも大幅に高くなるとは現段階のデータからは予想しません)。

とはいえ、どれだけの放射性物質が海に流れ出ているのかがわかりませんので、当面はいろいろなデータを慎重に観察していきたいと思います。
関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。