スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/19 福島市大波地区のコメ:続報とJA全農方針の謎への解答

 
今日も「11/17 福島市の大波地区の玄米から630Bq/kgのセシウム検出!」と「11/18 福島市大波地区のコメから基準値越えの放射能:その後の動きとJA全農の対応の謎」に引き続いて福島県のお米の話です。

昨日と同じく、全般的なニュースと、JA全農の販売方針の話の2本立てで行きます。後半は、@parasite2006さんのおかげで謎が解けました。感謝です!

1.全体的なニュース

FNNニュース(動画あり)によると、630Bq/kgの放射性セシウムが検出された田んぼの土壌からは、福島県の簡易検査で約5000Bq/kgの放射性セシウムが数カ所から検出されたということです。この5000Bq/kgというのは、4月に作付け制限をかけるかどうかという基準の値です。4月の福島県内の調査では、警戒区域と計画的避難区域以外では5000Bq/kgを超える放射性セシウムは検出されなかったので作付け制限をしなかったということです。

11/19コメ1(FNNニュースより)

同じくFNNニュースでは、聞き込みによって下記のことを伝えています。
・この田んぼが上の画像のように山のすぐ近くにあり、直接山から田んぼに水が流れ込んでいた。
・山から下りてきた沢の水を入れていた。
・今年は台風で(倒れて?よく聞き取れず)稲が水に浸かっていた

これを見ると、二本松市のように山あいの田んぼである地形と、山あいの沢から水を引いてきていた所は共通しています。土壌の砂質の割合はわかりませんが、稲が水に浸かっていたということから、稲体から直接セシウムを吸収した可能性が考えられます。もう少し詳細な調査が入ればさらに原因に近づくと思います。

でも、二本松市の田んぼと共通する点が見えてきた以上、福島県内の同様な地形(山あいにある)の田んぼは来年のためにも検査する方がいいと思います。来年は基準値が1/5以下になる可能性がありますから。以下の点をチェックしたらどうでしょうか?

・土壌の放射性セシウム検査(福島県がやったような簡易検査で充分)と、土質の検査
・田んぼに引いてきている水の放射性セシウムの検査(これは微量でしょうからゲルマニウム検出器で測定時間をかけてしっかりと)
・今年の玄米の放射性セシウム量

次に、検査方針のニュースです。河北新報によると、福島県は方針を転換して、『福島県は17日、これまでの県の検査で微量でもセシウムが検出されたコメの産地の農家の全戸検査を行う方針を明らかにした。』ということです。

『対象は県の9~10月の検査で検出限界値(主に10ベクレル未満)を上回った210地点のコメ。いずれも基準値を下回ったが、同様に基準値に満たなかった福島市大波地区のコメから今回、基準値オーバーのセシウムが検出されたことから全戸検査に踏み切る。基準値を超えれば廃棄する。』

『農協側は「全戸検査しないと買ってもらえないだろう」(吾妻組合長)と強調。鈴木義仁県農林水産部長は記者会見で「当面は放射性物質の不検出地域から出荷し、それ以外の地域は検査を経て出荷できるようにしたい」と説明した。』という記載もあり、これはこのあとで述べるJA全農の販売基準の問題とも関係してきます。

2.JA全農の販売基準の謎について

昨日の「11/18 福島市大波地区のコメから基準値越えの放射能:その後の動きとJA全農の対応の謎」で疑問を提起すると同時に、togetterをまとめてくれているnaoさん(@parasite2006)に調査を依頼しました(私もこのtogetterに入れてもらっていたので)。

彼のまとめの素晴らしいところは、単にツイッターのつぶやきをまとめるだけでなく、関連項目ごとに分けてコメントをつけてくれることと、必要な場合には当事者やその周辺に聞き込み調査して原因追及をしてくれていることです。ここを見ると彼のまとめの一覧がありますので、自分の興味のある項目についてはぜひ見てみて下さい。

さて、naoさん(や、@nabeyasu1124さん、@s__51さん)のご尽力のおかげで、昨日一日私が仕事をしている間にあっと言う間に答がわかってしまいました。私一人で悶々と考えたり調べていてもとてもたどり着けなかった答えはどんなものだったのか、togetterに追加されていますが、まとめます。

まず、JA全農福島は、「不検出米以外販売しない」という方針を決定したわけではなかったようです。不検出米を「優先的に販売する」ということが答でした。その証拠に、9/29の時点で『東京電力福島第1原発事故を受け、JA全農福島(福島市)が今年収穫される一般米について、独自検査した上で、放射性セシウムが検出されなかった銘柄を優先的に販売する方針を固めたことが29日、分かった。』という報道がありました

ですから、JA全農としては、現在不検出米(全体の約82%)を優先的に出荷しています。ただ、低くても検出されたコメについて売らないという方針を決定したわけではないようです。

ところで河北新報によると、先ほど書いたように福島県は微量でもセシウムが検出された210地点について全戸調査を行う方針を決めたそうです(福島県のHPには正式には発表はまだないようです)。

ですが、検査の結果、販売をするかどうかの基準は、依然として国の決めた暫定基準値500Bq/kgを超えるかどうか、ということのようです。ですから、全戸の再検査を行い、不検出(ND)のコメは問題なく出荷してもらうとして、微量検出されたコメをどうするか?というところがまだ決まっていないようです。今回の全戸調査の対象は、本調査で微量ですが検出された地区ですから、検出される可能性は充分にあると思います。
11/20追記:暫定基準値を間違って5000Bq/kgと書いてしまいました。500Bq/kgなので訂正しました。

これまでの話から福島県のコメをめぐる検査状況を以下に簡単にまとめました。

11/19コメ3_blog用

これまでこのブログでお伝えしてきているように、福島県の検査基準(定量下限値)は他県(合計40Bq/kg)よりも低め(合計約20Bq/kg)です。実際には合計10Bq/kg前後のものは検出されています。従って、この検査基準で不検出(ND)のコメについては安心できると思います。あとは、福島県としては難しいでしょうから、JA全農福島として、全戸検査後の販売方針をはっきりと表明してくれれば、福島県のコメでも今は不検出米だけだということがわかって安心して買ってもらえると思います。

微量のセシウムが検出されても、例えば10Bq/kgという検査結果をつけて売れば、値段は下がるかもしれませんが、買ってくれる人は絶対にいると思います。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

Re: No title

konpeitoさん

題材の提供ありがとうございます。
落葉樹、さらにはスギ花粉の話もありますので、時期を逃さないようにどこかで取り上げたいと思います。時期はお約束できませんが。

No title

はじめまして。いつも新しい情報をありがとうございます。
TSOKDBAさんのブログをナビに、日々情報収集し勉強しています。
これから落葉シーズンを迎えますが、樹木の枝葉・実への放射性セシウム移行について関心があります。茶では根からの吸収でなく葉面からの移行という見解が示されましたが、その詳しい仕組みはわからないままでした。また、食品として検査されたクリは比較的高い数値でした。常緑樹・落葉樹の葉や実は今年どのような状態にあるのか、来年以降はどう考えればよいのか、米や農作物とは異なりますが、取り上げていただく機会があればよろしくお願いします。

なお、今回記事「ですが、検査の結果、販売をするかどうかの基準は、依然として国の決めた暫定基準値5000Bq/kgを超えるかどうか、ということのようです。」は500Bq/㎏ではと思いますが、確認お願いいたします。



プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。