スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/6 福島第一原発の蒸発濃縮装置からの汚染水漏れの続報

 
昨日は、福島第一原発で起こった汚染水循環システムの中の蒸発濃縮装置からの水漏れ発見のニュースをお伝えしました(「12/5 放射能汚染水(蒸発濃縮装置)から水漏れ発生!ストロンチウムはどれくらいある?」)。その後1日の動きを簡単にお伝えします。

まず簡単におさらいですが、汚染水循環システムとは、10万トン以上ある汚染水循環から主にセシウムを除去する装置を通して放射能の濃度を下げ、さらには海水がかなり入っていますのでその塩分を除去する淡水化装置を通して、得られた水を炉心に再注水するというシステムです。

このシステムは、炉心を継続的に冷却しないといけないということと、高濃度の汚染水が大量にたまっていてそれを処理しないといけないということからその解決策として4月頃に考案され、6月末に稼働したものです。当初はトラブルが多発しましたが、最近では安定的な運用ができているかに思えた頃の水漏れ発覚でした。

今回水漏れが発覚した蒸発濃縮装置がどこにあるのか、確認しておきましょう。下の図にいろいろと書いてありますが、その中で赤く塗った場所(淡水化装置)です。ニュースでこの装置は海まで500mあるので、というようなことを言っていたのですが、昨日は場所を確認するのを忘れました。距離的にはかなりあります。

12/6汚染水1

では、大丈夫かというとそうではなくて、実はすぐ近くに構内排水路があり、それが海につながっているのです。

12/6汚染水3

昨日は、蒸発濃縮装置がある建物近くの詳細図も公開されました。

12/6汚染水2

ここまでが昨日お伝えしなかった位置的な情報です。


昨日の動きとして、いくつかありました。まず、東京電力は、45トンの水漏れのうち、300Lが建物の外に流出したと見られると発表しました(リンクは時事)。水漏れの多くは建物の中で収まっているのですが、外に流れ出した量が最大300Lということです。これらが海に流出したのかどうかはまだわかっていません。

なお、300Lの算出根拠ですが、『4日午前11時半すぎに作業員が建屋内で約45立方メートル(トン)の水漏れを発見した際には建屋外に漏れておらず、その後コンクリート製のせきのひび割れ部分から毎分1リットル程度、建屋外に漏れたとみられる。同日午後3時半には土のうで外部漏出を止めたため、約4時間で漏れた量は多くても300リットルという。』(時事)ということで、1分1Lとして、最大で4-5時間くらいだから300Lという計算のようです。

12/7追記:12/6のプレスリリースで、東京電力は150Lが海に流出と発表しました。詳細は「12/7 蒸発濃縮装置からの海へのSrの流出量は150Lで260億Bq!」に。

建物の外部に流出した放射性物質の量については、記者会見資料にもあるのですが、記者会見の実況をまとめてくれているtogetterがあるので、そちらの情報も補って下の図に記載しました。

12/6汚染水4

これを見ればわかるように、12/4の午後5時過ぎにはセシウムが検出されたのですが、12/5には検出限界以下(約13-17Bq/L)になっています。ひび割れと水漏れの発見は12/4の11:33で、その時に装置は停止していますから、漏れていたのはそれまでということになります。

東電が記者会見で述べた300L全量かどうかはわかりませんが、ある程度の量が海に漏れた可能性はあると個人的には考えていますが、すでに収まったようです。

また、ここでの測定はあくまで放射性セシウムの測定ですので、今回一番気になるストロンチウムの量は、測定はしているようですが、すぐに結果が出てこないということです。

今回の一件を受けて、安全保安院は東京電力に対し原因究明と再発防止を指示しました(リンクは日経)。

いずれ詳細な報告書が東京電力から保安院に提出されるでしょうから、その時にまたまとめたいと思います。それまでの間にストロンチウムのデータが出てきたらご紹介するかもしれません。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。