スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/29 茨城県はヒラメを追加で水揚げ自粛 宮城県もスズキを30日から自粛

 
放射性物質の新基準値をめぐる漁業の対応の続編です。

新基準値施行に合わせて茨城県の水揚げ自粛 3/27から始まる新基準値施行に合わせて茨城県の水揚げ自粛 3/27から始まる」において、茨城県の水揚げ自粛が3/27から始まったことをお伝えしましたが、茨城県北茨城市で水揚げされたヒラメから137Bq/kgの放射性セシウムが検出されたため、ヒラメは茨城県の全海域で自粛となりました。「茨城沿岸のヒラメ 水揚げ自粛へ」(NHKオンライン:Web魚拓はこちら

また、宮城県でもスズキから最大で360Bq/kgの放射性セシウムが検出されたため、スズキについては3/30から区域を決めて水揚げの自粛をすることを決定しました。「宮城 スズキの水揚げを自粛へ」(NHKオンライン:Web魚拓はこちら


厚労省のHPに昨日発表されたデータ(123番)では、3/22に採取した茨城県北茨城市沖のスズキから、Cs-134:58Bq/kg、Cs-137:79Bq/kgで合計137Bq/kgの放射性セシウムが検出されました。

3/29魚1
(クリックで拡大して別画面)

また、122番の3/22に採取したババガレイからもCs-134:110Bq/kg、Cs-137:150Bq/kgと、合計で260Bq/kgの放射性セシウムが検出されました。これを受けて、茨城県の沿岸の漁協でつくる組合はスズキとババガレイの水揚げを自粛することになりました。

この結果、茨城県で100Bq/kgを超える放射性セシウムが検出されたために全域で水揚げを自粛する魚種は以下の10種になりました。ババガレイは海域毎の自粛から全県での自粛に変更です。

マコガレイ、マダラ、スズキ、ニベ、ショウサイフグ、コモンカスベ、コモンフグ、ウスメバル、ヒラメ、ババガレイ

また、50Bq/kgを超える放射性セシウムが検出されたために海域を絞って生産を自粛する魚種は下記の7種です。(NHKオンラインでは8種になっていますが、これは県央部で未検査のスケトウダラを加えて計算しています。)

ホウボウ、アカシタビラメ、ヒガンフグ、アイナメ、クロメバル、アカエイ、イシガレイ(、スケトウダラ)

(1)北部 (北茨城市~日立市沖)の海域 
ホウボウ(3/12 59Bq/kg)、アカシタビラメ(3/20 66Bq/kg)、ヒガンフグ(3/20 52Bq/kg)
※アイナメ、アカエイ、クロメバルは未検査のため生産の自粛

3/29魚2
(クリックで拡大して別画面)

(2)県央部 (東海村~大洗町沖)の海域
アイナメ(3/21 52Bq/kg)、クロメバル(3/22 87Bq/kg)、イシガレイ(3/22 92Bq/kg)
※スケトウダラ、アカシタビラメ、ヒガンフグは未検査のため生産の自粛

(3)南部 (鉾田市~神栖市沖)の海域
アカエイ(3/6 88Bq/kg)、ホウボウ(3/20 60Bq/kg)
※アイナメ、アカシタビラメ、ヒガンフグ、クロメバルは未検査のため生産の自粛


一方、宮城県でもスズキについては、これまでに14検体が調査されています(下の表は食品の放射能検査データより)が、2月以降に採取した9検体のうち3検体で新基準値の100Bq/kgを超える放射性セシウムが検出されており、しかも1検体は360Bq/kgと高めであったことから、金華山以南の仙台湾沿岸で捕れたスズキの水揚げを自粛することになりました。(3/29河北新報

3/29魚3
(クリックで拡大して別画面)

これは、宮城県で23日に設立された、県漁協、県産地魚市場協会などで組織する「県水産物放射能対策連絡会議」で決められたものです。(3/24河北新報

このように、茨城県や宮城県では新基準値のスタートに向けて体制を整えつつあります。しかし、一方では、このような記事もありました。

「食品に含まれる放射性セシウム問題 近隣県が懸念する「茨城基準」拡大の影響」
『他県の漁業関係者が懸念するのは、この「茨城基準」が拡大することだ。茨城県と利根川を挟んだ千葉県銚子市の漁業関係者は、不満を隠さない。銚子沖では、昨年9月にマアジ1検体が50ベクレルを超えた。

「茨城のマアジは何度も50ベクレルを超えていて、いつ出荷自粛になってもおかしくない。そうなると、隣り合った水域なのに、茨城は自粛で銚子はOKとなる。そんな筋の通らない話を、消費者が許すはずがない。今後、消費者からの要求で『茨城基準』が他県まで広がったら、商売になりません。50ベクレル超の魚が見つかっている宮城や岩手も大打撃を受けますよ」』(週刊朝日 4/6号より)

これまでの約1年間の調査で、放射性物質を多く含んでいそうな食品とそうでない食品はある程度予想できるようになりました。その中でも、水産物は、100Bq/kgを超える可能性がある品目です。来週に新基準値での運用がスタートしてからしばらくの間は目が離せないような気がします。魚の放射性物質については、今後も取り上げていきます。


関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。