スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京電力は初めて海底土のデータを乾土に換算した測定結果を発表!

 
昨日(6/22)、東京電力は海底土の分析結果として、4月分の分析結果を乾土に換算した数値でまとめて発表しました。やっと乾土での測定に合わせてくれたという感じです。

今週末は「福島第一原発2号機の謎に迫る」で海底土の話を書こうと思っていたのですが、このデータが出てきたためにもう一度過去のデータを見直したいと思います。従って、毎週末に公開していた「福島第一原発2号機の謎に迫る」シリーズは今週はお休みすることになると思います。

今年1/21の「東京電力の海底土の汚染データのアップデート」でも東京電力のみが乾土でなく湿土で測定することの問題点を指摘しました。

実はこの話は昨年の12月にツイッターでコンタンさんと話をしている中で出てきた疑問で、コンタンさんが昨年12月に記者会見で「回答する記者団」の佐藤さんに頼んで聞いてくれました。その時の東京電力の回答としては、今は設備的に対応ができないので、今後対応する予定だが時間がかかるということでした。

その後、平成24年度の「海域モニタリングの進め方」という方針が発表され、検出下限値が「10Bq/kg乾土」と明記されています。従って、乾土で測定することは東京電力も含む各機関での合意事項だと考えられました。

それを受けて4/9に書いた「東京電力は海底土の測定をそろそろ乾土に切り替えて欲しい」において、今年度は乾土で測定してデータを合わせられるようにするべき、ということを書きました。東京電力はやっとそれに答えてくれたことになります。

時間は非常にかかりましたが、やると言っていたことを忘れずに実行してくれた点では私は東京電力を評価したいと思います。

発表した時の説明の概要は6/22の記者会見のまとめ(http://togetter.com/li/325238)を見ていただければわかると思いますが、今年の4月分に海底土の測定について、乾土率を出すことで乾土あたりの測定結果に直して発表してくれました。

記者会見の説明では、1F(福島第一原発の事を1Fといいます。福島第二原発は2Fです。)にあった乾燥器を修理したので、乾土率を測定できるようになったということでした。

6/23-1

この表で、乾土率という数字が発表されています。例えば、T-1地点(5-6号放水口北)では82%となっています。おなじT-1地点のデータ(4/18採取)が4/20に発表された際は、Cs-134:620Bq/kg湿土、Cs-137:910Bq/kg湿土というデータでした。

今回の乾土率というものは、乾土重量÷湿土重量=乾土率(%)で計算されます。従って、Bq/kg湿土のデータを乾土率を用いてBq/kg乾土に直すには、このサンプルの乾土率が82%ですから、Bq/kg湿土の数値を0.82で割ればいいことになります。

Cs-134では、620÷0.82=756.1となり、本日発表された760B/kgとほぼ合致します。
Cs-137では、910÷0.82=1109.7となり、本日発表された1100Bq/kgとほぼ合致します。

今回の乾土率の平均値は、4月分として発表された27ヶ所のデータでは76.6%でした。従って、これまで湿土のデータとして発表されてきたデータを、約1.3倍すれば乾土で測定したデータになる事になります。私は2倍くらいずれるのかと思っていたので、おもったほど大きくずれていないということがわかって良かったです。これならば、過去のデータについても並べて比較しても大きな間違いではありません。少なくとも乾土率の平均値で割っておけばかなり近い値になると思います。

4月分のデータとしては、文科省のHPに5/1現在のデータとしてまとめられていたものがあったのですが、ここには25個のデータしかありません。5/1に採取したT-B4のデータを4月分として加えるとしても、上の東京電力の表には27個のデータがあります。

おかしいな、と思って一つ一つ照合すると、文科省のHPにあった図は、なんと4/6のT-D1(請戸川沖合3km)のデータを省略してしまっているのです。ひどいですね。ちゃんと数えて欲しいです。

仕方がないので、5/1の分(T-B4)と文科省のHPで忘れ去られたかわいそうなT-D1地点のデータを加えた27地点のデータ(Bq/kg湿土)を示します。

6/23-2

なお、27地点というのも実は足りなくて、東京電力の今年度の測定計画(5/8)によれば、海水と海底土の測定地点10地点(T-1~T-5、T-11、T-14、T-D1、T-D5、T-D9)、海底土のみの地点13地点(T-①~T-⑬)、魚介類のサンプリングと合わせた地点11地点(T-B1~T-B4、T-S1~T-S7)で34地点あるはずです。ただし、魚介類のサンプリング地点は移動や変更もあるようなので、4月は4地点しか測定しなかったために27地点のようです。5月はS6を除く10地点での測定を行っています。また、20km圏外の9地点も2ヶ月に一度測定することになっているため、5月には測定を行っています。

6/22に発表されたBq/kg乾土でのデータを文科省のHP式に示すと、4月分は以下のようになります。

6/23-3

せっかくBq/kg乾土のデータになったので、いずれ福島県のデータや文科省のデータと合わせてもう少し見やすい形で表示できるようにしようと思います。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【東京電力は初めて海底土のデータを乾土に換算した測定結果を発表!】

 昨日(6/22)、東京電力は海底土の分析結果として、4月分の分析結果を乾土に換算した数値でまとめて発表しました。やっと乾土での測定に合わせてくれたという感じです。

スマホデビュー!!のための オススメ無料アプリの紹介

スマホデビュー!!のための、オススメ無料アプリの紹介やカバーケースや料金の比較、ランキングを不定期に更新しています。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。