スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふくしまの恵み安全対策協議会」HPで公開されている最新情報

12/30 本日全袋検査の検体数がついに1000万検体を超えました!検査は来年も一部でまだ続くと思いますが、福島県で検査に関わった皆様、お疲れ様でした。
これをもって、この記事の毎日の更新も終わりにします。今後は大きな変化があった時に更新することにします。

12/8
12/8 第五回放射能の農畜水産物等への影響についての研究報告会より-米のセシウム汚染の話-
を新たに書きましたので、ぜひそちらもご覧下さい。



10/28
福島県の米の放射能 検査方法と結果はこう理解すればいい!
を新たに書きましたので、ぜひそちらもご覧下さい。


10/31
福島のお米 Ge検出器による確定検査の結果まとめ
を新たに書きましたので、ぜひそちらもご覧下さい。

 
24年度版 お米の放射線検査情報一覧」には全国のほぼ全てのお米に関する放射能情報を集計して更新しています。ですが、事前の予想通り、福島県以外はほとんどがND(測定下限値未満)です。数値が検出されるものもパラパラとありますが、それも多くは10Bq/kg以下です。これまで検出された最大値は栃木県日光市の65Bq/kgです(10/12現在)。

やはりみんなが一番気になるのは福島県のデータでしょう。こちらについては、「ふくしまの恵み安全対策協議会」HPで公開されていますので、それを少しずつまとめていきたいと思います。
まず、「ふくしまの恵み安全対策協議会」HPを見たことがない方のためにどんなものか画面を示します(PCでみた画面です。スマホなどでは若干違うようです。)。なお、10/25からは若干画面が変わっています。

9/24-2

福島県のデータがどのように集計され、どのように公表されるのかについては、「福島県のお米の放射能検査方法と公表方法の解説」で詳細に記載しましたのでここではくり返しません。

福島県で行っている全量全袋検査の結果が全てここに公開されます。サマリー結果の画面で、9/24時点で公開された検査点数60664検体のうち、測定下限値(25Bq/kg)以下のデータが60659検体、数値が求まった米袋が5検体あることを示しています。

このデータの見方については、新たに「福島県の米の放射能 検査方法と結果はこう理解すればいい!」に書きましたので、そちらをぜひご覧下さい。



それでは、1230 現在の情報について簡単なまとめです。

このHPの情報は、夜中にバッチ処理で更新されているようなのです。本日も年末にもかかわらず更新されました。

(※10/21と12/1、12/3、12/10、12/17、12/29は更新されませんでした。)

これまでどのように情報が蓄積されてきたか、過去約1週間分を示しておきます。
12/30-1
12/30-2

黄色く塗った市町村は、25Bq/kg以上の数値が全袋検査機で検出された米袋が出た市町村です。
日付が灰色に塗ってある市町村は、本日更新された最新調査結果日です。
オレンジ色に塗ったデータは本日公表分で変更されたデータです。
11/9から、基準値超えの欄を作りました。

12/30は約30,000検体のデータが追加されました。10月は平日になると10~20万検体くらいは追加されるパターンが続いていました。しかしその後、下のグラフにあるように10月中旬のピークも終わり、平日ですが10万検体程度の日も増えてきました。11月末からもう10万検体を割ってきました。

しかし、何とか頑張って、本日ついに1000万検体を突破しました!

12/30-5

また、10/25から表示方法が変わってGe検出器の確定検査の数も集計・公表されるようになったので、そのための欄を10/27から増やしました。確定検査を行ったのは、12/15現在 849検体です。会津地方の市町村が独自にGe検出器による確定検査を行ったものが32検体あり、厚労省HPに報告のあるのは740検体です。12/14に16検体のGe検出検査の確定検査がありました。基準値超えはありませんでした。

詳細はこちらをご覧下さい。
福島のお米 Ge検出器による確定検査の結果まとめ

ここには、出荷制限をめぐる考え方についても書いてあります。なお、これまで記載してきたGe検出器による確定検査の結果も、最新情報以外は基本的には上の記事に移行させます。ご了承ください。



12/30は数値(参考値)検出(25Bq/kg以上)サンプルがありませんでした。

12/14 厚労省のHPによると3検体のGe検出器による確定検査がありました。基準値超えはありません。
郡山市(旧逢隈村) 16検体 最高100Bq/kg

12/13 3検体のGe検出器による確定検査がありました。基準値超えはありません。
平成24年12月13日公表(PDF形式)
郡山市(旧逢隈村) 3検体 最高74Bq/kg

12/11 
参考値でも数値が出てしまうと印象が悪くなるため、会津地方においては、参考値が検出されたものについて自治体で独自にGe検出器による確定検査を行っています。確定検査の結果が出た分については参考値(25-50Bq/kg)から削除し、Ge検出器による確定検査にカウントしています。
ただし、このGe検出器による確定検査による結果のほとんどは検出限界値未満なのですが、その具体的なデータが福島県のHPまたは厚労省のHPに掲載されていないようなのです。1-2日待って掲載されなければ確認してみたいと思います。

10月の記事ですが、毎日jpのこのニュースをご覧下さい。

12/10 厚労省のHPによると、12検体のGe検出器による確定検査がありました。基準値超えはありません。
相馬市(旧中村町) 12検体 最高62Bq/kg

12/5 3検体のGe確定検査がありました。基準値超えはありません。
平成24年12月 5日公表(PDF形式)
伊達市(旧保原町) 1検体 <7.6Bq/kg
桑折町(旧伊達崎村) 2検体 最高74Bq/kg

12/4  3検体のGe確定検査がありました。基準値超えはありません。
平成24年12月 4日公表(PDF形式)
郡山市(旧河内村) 1検体 6.9Bq/kg
福島市(旧青木村)1検体 38Bq/kg
福島市(旧大久保村)1検体 52Bq/kg

12/3  4検体のGe確定検査がありました。基準値超えはありません。
平成24年12月 3日公表(PDF形式)
郡山市(旧逢隈村) 4検体 最高23Bq/kg

11/30 厚労省HPによると、37検体のGe検出器による確定検査があり、そのうち18検体が基準値超えでした。
福島市(旧福島市) 18検体 4検体が基準値超え 最高130Bq/kg
福島市(旧立子山村)1検体 230Bq/kg
本宮市(旧白岩村) 17検体 12検体が基準値超え 最高230Bq/kg
二本松市(旧渋川村)1検体 110Bq/kg



詳細は「福島のお米 Ge検出器による確定検査の結果まとめ」をご覧下さい。


10/24の基準値越えの米の検出に伴い、「ふくしまの恵み安全対策協議会」HPも表示方法が変わりました。
10/25の朝は詳細な情報へのリンクが効かなかったのでわからなかったのですが、説明のページはよく考えられています。時間のある方は是非リンク先を見て下さい。

スクリーニング検査の説明
測定下限値の説明
スクリーニングレベルの説明

10/25-5

上のように、全量全袋検査の結果の下に、Ge検出器による確定検査の結果を集計表で示してくれるようになりました。また、一番上の棒グラフにもやっと基準値越えの欄ができました。

右下の「こちら」のボタンを押すと、詳細な画面が現れます。

10/25-6

左側が全量全袋検査の結果、そして右側がGe検出器による確定検査の結果を示しています。
一番上に記載されている5,502,732検体という数字は、全量全袋検査による5,502,638検体の結果と、Ge検出器による確定検査の94検体の合計の数値でした。



これまでの測定された検体数の推移と、数値が検出された検体数の推移を示します。
12/30-3

10/23に初めて数値検出(25Bq/kg以上)サンプルが全数の0.1%を超えました。10/26にさらに増加したのは、これまで集計されていなかった25Bq/kgのサンプルが集計に追加されたためです。

10/25(の朝)までは25Bq/kg以下と26-50Bq/kgという区分で計算していましたので、26Bq/kg以上のサンプルが集計されていました。しかし10/25のレイアウト変更に伴い、25Bq/kg未満と25-50Bq/kgという区分に変更になりました。そのため、これまで集計されていなかった25Bq/kgのサンプルが集計に追加されています。

その後、25Bq/kgのサンプルの数は徐々に増え、10月中旬までは全体の約0.1%だったのが、最近は明らかに増えて、約0.2%になってきています。

12/30現在(12/29分まで)の全量全袋検査の結果: 10,022,851検体

10,001,577検体      測定下限値未満(<25Bq/kg)

数値検出 21,274検体
25-50Bq/kg:19,828検体

※なお、集計の数値についてお断りしておきます。このブログで集計している数値は全袋検査機によるスクリーニング結果のみです。ここには、Ge検出器による確定検査を行った検体数(12/10現在721検体)は含んでいません。これらも基本的には全袋検査機によるスクリーニング検査を行っていますので本来は合計するべきなのでしょうが、もとの「ふくしまの恵み安全対策協議会」HPでも別々に集計していますので、こちらも同じ方法で集計しています。


あまりにも数が多くなったので、25-50Bq/kgの情報は下の地図にのみ書き込むことにしました。

下記は市町村ごとの51Bq/kg以上のデータの数です。11/9から基準値超えの数も加えました

442検体(福島市)  51-75Bq/kg
41検体(福島市) 基準値超え110Bq/kg以上
81検体(郡山市)   51-75Bq/kg
10検体(郡山市) 76-100Bq/kg 
1検体(郡山市) 基準値超え110Bq/kg以上
36検体(いわき市)   51-75Bq/kg
4検体(いわき市) 76-100Bq/kg 
1検体(いわき市) 基準値超え110Bq/kg以上
15検体(白河市) 51-75Bq/kg 
256検体(須賀川市) 51-75Bq/kg 
13検体(須賀川市) 76-100Bq/kg 
1検体(須賀川市) 基準値超え110Bq/kg以上
20検体(相馬市) 51-75Bq/kg
83検体(二本松市) 51-75Bq/kg 
28検体(二本松市) 76-100Bq/kg 
1検体(二本松市) 基準値超え110Bq/kg以上
15検体(田村市) 51-75Bq/kg
4検体(南相馬市) 51-75Bq/kg
44検体(伊達市) 51-75Bq/kg
253検体(本宮市) 51-75Bq/kg 
17検体(本宮市) 76-100Bq/kg
12検体(二本松市) 基準値超え110Bq/kg以上
51検体(桑折町) 51-75Bq/kg
30検体(国見町) 51-75Bq/kg
4検体(川俣町) 51-75Bq/kg
5検体(川俣町) 基準値超え110Bq/kg以上
20検体(大玉村) 51-75Bq/kg
6検体(大玉村) 基準値超え110Bq/kg以上
9検体(西郷村) 51-75Bq/kg
8検体(塙町)  51-75Bq/kg
1検体(三春町) 51-75Bq/kg
3検体(三春町) 基準値超え110Bq/kg以上
1検体(広野町) 51-75Bq/kg

地図上に25-50Bq/kgの情報も含めてこれらの地域をプロットするとこうなります。
Ge検出器による確定検査の結果、100Bq/kgを超えたものについても書き込んであります。基準値超えが増えたので、少し記載方法を変えました。
12/30-4

また、これらのデータを集計したものが福島県HPの「24年産米の検査結果について」のページに公表されていきます。現在の最新情報は、12/27公表の「平成24年12月17日(月)~12月23日(日)検査結果集計(PDF形式)」です。ただし、「ふくしまの恵み安全対策協議会」HPにはこの事前出荷制限区域以外の全量全袋検査の結果も出ていますし、データ集計日時がずれていますので、この集計表に出てくるものと完全には合いません。
12/28-6
12/28-7

福島県全体では、最終的に1200万袋のデータが出てくるということなので、あまり多くなったらフォローしきれないかもしれませんが、可能な範囲でチェックしていきたいと思います。
→12/30、ついに検査数が1000万袋に達しました。なんとかここまで毎日フォローしてくれることができました。

まとめ方についてご要望などありましたらご連絡下さい。

全量全袋検査の標準検査手順書(水田畑作課作成)
(pdfファイルがダウンロードされます。)
同じものをこちらにも置いてあります

24年度版 お米の放射線検査情報一覧」へ

福島県HP「24年産米の検査結果について」へ

ふくしまの恵み安全対策協議会」へ
 
関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3.11追悼

2011年3月11日14時46分18秒に発生した東日本大震災。 あの日、私は仕事で神奈川県の三浦海岸にいました。 津波がくるかもしれないという恐怖がありました。 仕事仲間と一緒に、高台と ...

コメント

No title

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E6%B8%9B%E6%9C%9F#.E3.81.84.E3.82.8D.E3.81.84.E3.82.8D.E3.81.AA.E7.89.A9.E8.B3.AA.E3.81.AE.E5.8D.8A.E6.B8.9B.E6.9C.9F.E3.81.AE.E4.B8.80.E8.A6.A7

セシウムは、毎日摂取すれば100倍以上に体内濃縮。プルトニウムはなんと10万倍に濃縮!!!

生物学的半減期が長い核種はこれほど恐ろしいのだ。プルトニウムは99%排出されるのに1320年はかかる!

誰も生物学的半減期を知らないので、生物学的半減期が長いストロンチウムやプルトニウムは未だに隠蔽されたままだ。これらは何万倍にも濃縮され、排出されるのに数百年かかる。排出されるのに、ですよ?人体から排出されるのに数百年!一旦取り込んだらおしまいです。

消費者、生産者にとって不透明・理不尽な方法?

「不都合な真実」がないかを客観的に明らかにして、「不都合な憶測」を呼ばないようにしてほしいですね。

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-3.html
に記述があるように、出荷に支障をきたしているムダな面もあるようです。

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。