スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/12 海洋放射能汚染で魚を食べても大丈夫か?その15

今日も朝と午後の2回、大きな地震がありましたね。またか?と身構えてしまいました。

さて、コウナゴからCs-137(放射性セシウム)が検出されているため、茨城県は、ひたちなか市で毎日調査のための漁を行うようになりました。その結果が、茨城県のHP及び水産庁のHPに掲載されています。

茨城県のHP
http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/nousanbutsu/20110411_01/

水産庁のHP
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/index.html
及び
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/kensa/index.html


水産庁の地図には、茨城県以外のデータも掲載されています。

中でもおすすめはこちら。本日アップされたものですが、水揚げされた地点を地図上に示してあって、わかりやすいです。こういう広報を各省庁は心がけて欲しいですね

サンプリングした場所と基準値を超えた地点(水産庁)
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/pdf/110412map.pdf
水産庁4/12地図

また、この地図で示されたここのデータはこちら。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/pdf/110412datesheet.pdf

これまで、基準値を超える放射性物質が検出されたのはコウナゴだけです。

実は上のデータをよく見ると、コウナゴだけが小さい魚だからなのかもしれませんが(すいません、魚の大きさを把握していません)、他の魚はほとんど放射性セシウムは検出限界未満、もしくは30Bq/kg以下です。ところが、コウナゴについては、小さい魚だからか、泳いでいる場所が放射性物質を含む水に近い場所だからなのかはわかりませんが、基準値を超えないにしてもかなり高い数値が出ています。

下記の抜粋した表をご覧ください。
コウナゴExcel4/12

10個サンプリングしたコウナゴの中で、7つは400Bq/kgを超えています。残りの3つも60-80Bq/kgと、他の魚では検出されないような高めの値が出ていいます。きっとコウナゴにはなにか放射性セシウムを取り込みやすい何かがあるのだと思います。

せっかく地図上にプロットしてくれたので、これに数字を書き込んでいくともっと傾向が見えるかもしれません。時間ができたらトライしてみたいと思います。





関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。