スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発の護岸エリア地下水 その後の動き(1)


今年の2月に「2011年4月のビーバー作戦を再現します その10(トレンチのどこから漏れたのかを推論)」において、護岸エリアの地下水の情報についてはかなり細かくレビューしました。その後は汚染水の情報をあまり細かくチェックしていなかったのですが、今回久し振りに公表されたデータをまとめてチェックしました。
今日はその中でトピックスと思われる事を簡単にご紹介します。


前回「福島第一原発の汚染水情報まとめ(4)&リンク集」において汚染水の最新情報はどこで収集できるか、ということをまとめ直しました。このまとめは6/15に作成したものですが、そのあと先週6/16にすぐ第10回廃炉・汚染水対策現地調整会議が行われましたので、その情報をアップデートしてあります。今後も適宜新しい情報を追加していく予定ですのでぜひご活用下さい。

その廃炉・汚染水対策現地調整会議において提示された情報には結構面白い情報がありました。原発事故から3年経って初めてでてきた放水路の情報などもあるのですが、それは次回以降にまわすこととして、今回はこれまでずっと追いかけてきた汚染水の情報からトピックスと思われる情報をお伝えします。


1.海側遮水壁の進捗と海水サンプリングポイントの変更

これはどちらかと言えば、トピックスというよりも私のブログでご紹介するのを忘れていた話になります。

昨年の4月から工事が始まった海側遮水壁ですが、さらに進捗してほとんど完成という段階まで来ました。既設の護岸と海側遮水壁の間は、埋め立てる工事が進んでいます。そのため、これまでは2号スクリーンのシルトフェンス内側と外側、それから1,2号取水口間といった感じで設けられてきた、海側遮水壁の内側に位置する海水のサンプリングポイントがいくつか廃止されることになりました。

0622-2
(4/11 第13回汚染水対策検討WG 資料1 19ページより)

特に、「1-4号取水口北側」のポイントは、2011年からずっと続いてきたポイントで、2013年にトリチウムの海水への汚染が明らかになる契機となった重要なポイントなのですが、海側遮水壁の内側になってしまい、もう海水のサンプリングポイントとしては意味がなくなってしまいました。

そこで、段階を追って少しずつサンプリングポイントを廃止し、その代わりに新しいサンプリングポイントを新設することになりました。6/16の廃炉・汚染水対策現地調整会議の時点では下の図のようになっています。

0622-3
(6/16 第10回廃炉・汚染水対策現地調整会議 資料1-1 29ページより)

現時点では、遮水壁を完全に閉じてしまうと、地下水がどこに流れ出してどういう影響があるのかまだわかっていないため、遮水壁の鋼管矢板も9本だけ残して水の出る道を開けてあります。

0622-4
(6/16 第10回廃炉・汚染水対策現地調整会議 資料1-1 18ページより)

そのため、1-4号取水路開渠部分のサンプリングポイントは、下図のように、昨年夏に設置された「1-4号取水口北(東波除堤北側)」の他、「1号機取水口(遮水壁前)」、「2号機取水口(遮水壁前)」、「1~4号機取水口内南側(遮水壁前)」と、遮水壁を閉じたらなくなってしまう「3,4号機取水口間」「4号機スクリーン(シルトフェンス内側)」になっています。

0622-5
(東電HP 福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果 より)

海側遮水壁が完成したら現在は開けている部分も完全に鋼管矢板を打って閉じてしまいます。そうすると、山側から流れてくる地下水がどんどんたまってくるはずなのですが、その地下水は地下水ドレンで汲み上げる予定になっています。しかしながら、もし遮水壁が不完全なものであれば、汚染された地下水が海へ流出する可能性は変わらずあることになります。

これまで福島原発事故後に東電の作ったもので予定通りにうまくいったものは、ALPSやタンクをはじめとしてほとんどないため、遮水壁についてもうまくいかない可能性を考えておく必要があると思います。今後も海水データを含めて汚染された地下水が海に流出していないか、チェックし続けることが必要と私は思います


2. 護岸地下水 最新の情報について

すでにこのブログでは何度も紹介してきていますが、タービン建屋東側の護岸エリアには多くの地下水観測孔が掘られており、2013年から観測が続けられています。

0622-6
(6/16 第10回廃炉・汚染水対策現地調整会議 資料1-1 24ページより)

この中でも一番注目すべきは、やはり2011年4月に高濃度汚染水が漏洩した2号スクリーン付近のいわゆるNo.1エリアです。観測孔もこの1,2号機間にはのべ17ヶ所も掘られています。現在も観測が続けられている観測孔のデータを東電がまとめたグラフが下のグラフですが、あまりにも多くの情報が入っていて、よくわからないですよね。でも、このグラフを見て私は一つのデータに注目しました。

0622-7
(6/16 第10回廃炉・汚染水対策現地調整会議 資料1-1 26ページより)

それはNo.1-17という、もともとNo.1という最初に掘られた観測孔のすぐそばに掘られた観測孔の全β核種のデータです。実は今では水位観測には用いられなくなったNo.1が深さ16mまで掘られていたのに対して、No.1-17は深さが5mと非常に浅いところの水を汲み上げて測定しているのです。これについては今年3月に書いた「護岸付近にある地下水観測孔の「深さの違い」で解けてくる謎」をぜひお読みいただければと思います。

さて、このNo.1-17は、もともと全β核種は100Bq/L未満の数値が続いていました。しかしながら、今年の3月になぜか急上昇して1000Bq/L程度までになりました。この1ヶ月でさらに上昇し、6/12のサンプリングで63,000Bq/Lの最高値を記録しました。下のグラフでいうと青い線です。その後若干下がっていますが、今年の2月から考えると1000倍以上に上昇しているというのは異常です。

0622-8

全βで一番高い値を示しているのはNo.1-16と呼ばれる観測孔で、ここは1,000,000Bq/L以上の高い数値をずっと示しています。最高値は今年の2/3に記録した3,100,000Bq/Lですが、その後は上のグラフのようにやや下がって落ち着いています。

0622-9

観測孔の場所を考えると、地下水の流れは西側(山側)から東側(海側)に向かっているため(上の図は海側(東側)が上になります)、No.1-16で高い数値が記録されたらいずれは東側のNo.1-17で高くなってもおかしくありません。全βは主にSr-90なので、H-3と比較すると移動速度は遅いのですが、この数ヶ月のNo.1-17の上昇具合を見ていると、おそらくは今後も数ヶ月かけてNo.1-17の全βの濃度は上昇していき、場合によっては1,000,000Bq/L近くにまで達する可能性があると私はにらんでいます

もう一つ気になるのが、No.1-16よりももっと西側(山側)にあるNo.1-14の全βのデータです。このNo.1-14は、No.1-16やNo.1-17とは異なり、16mの深さ(6/23追記:正確にはコメントにあるように19mですが、観測孔が3m高い所にあるのでO.P.-12mという意味では同じです)まで掘られた観測孔なのですが、2013年の11月以来半年以上かけてジワジワと上昇を続けています。その結果、2013年11/18には全β核種が28Bq/Lだったのが、2014年6/9には4,800Bq/Lと100倍以上にまで上昇しています。

このNo.1-17とNo.1-14に関しては、別の意味で注目しています。No.1-17は、これまでずっと高い値を示していたNo.1-16の全βがついに移動してきたのかどうかわかりますので、地下水中の全β、特にSr-90の移動速度を推測することができるツールになる可能性があります。

一方、No.1-14については、ここが上昇するということは、明らかに2011年4月の漏洩とは異なる漏洩がどこかで起こっている可能性を示します。それが2号の海水配管トレンチであればまだいいのですが、タービン建屋からの漏洩であるとすると非常に問題です。従って、No.1-14で全βが今後どういう挙動を示すのか、今後も注目し続けていく必要があると感じました。

他のデータでもいくつか気になるデータがありましたが、今日は時間の関係でここまでとしたいと思います。

来週になるかどうかわかりませんが、今後も護岸地下水の情報はフォローしていく予定なので、今回は「その後の動き(1)」としました。今後も是非定期的にご覧になっていただきたいと思います。


 
関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

合成グラフと記者会見

参考の為に、2つのグラフのスケールを合わせた画像を置きます。
http://i.imgur.com/Cu0xZef.jpg

記者会見は、おしどりさん圧巻の一人舞台でしたね。7703も『いい野次』でしたw

Re:Re: 下部透水層の水位トレンド

>でも、答は読めています。東日本大震災時の70cm沈下を計算していませんでしたので補正(70cm上に)しました。そして、規制庁の資料であったまっすぐな線は、単に計測していない時をまっすぐ結んだだけでしたので消しました。(でも、C-2のデータは線で結んだ部分を左にずらしていますよね。)
真実はどうかわかりませんが。

2つを合成して比較しましたが、確かに新しい方が70cm程上ですね。こっちが正でしょう。いつも出てくる下の資料のp.40とも、2012年3月~2013年3月の間で整合性があります。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/c130823_05-j.pdf

Re: 下部透水層の水位トレンド

よっちゃんさん

さっそくの新情報へのコメントありがとうございました。私もこのグラフを眺めていたのですよ!

> 4,5ページに10m盤、4m盤の互層トレンド最新版がありました。予想通りというか、C-4(No.2)とC-1(互層)はかなり接近していて、30cm差。C-3(No.1)は、ウェルポイントの引きが無かったら、同じ様な結果になると思ってましたが、なんとNo.1-8にすげ替えられてましたw

C-4(No.2)とC-2(互層)が30cm差、ですよね。


> あと、22回目の特定原子力施設 監視・評価検討会の資料2-1(p.49)
> http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/tokutei_kanshi/data/0022_02.pdf
> と比較しますと、ん?なんかおかしい...。今日の資料では、4m盤の互層C-1/C-2は、OP.3mを下回る事はほぼ無いのですが、経産省の資料では、完全にOP.3mより下にいってる!
>
> 2つの資料は【数値が違~う!】のです。【形もちがうし!】
> もしかして、東電さん、手でにょろにょろ書いてない?w

なんか検討会の資料とはイメージが違うな、と思いつつ比較していませんでしたが、ありがとうございます。明らかに違いますね。これは確認が必要ですね。

でも、答は読めています。東日本大震災時の70cm沈下を計算していませんでしたので補正(70cm上に)しました。そして、規制庁の資料であったまっすぐな線は、単に計測していない時をまっすぐ結んだだけでしたので消しました。(でも、C-2のデータは線で結んだ部分を左にずらしていますよね。)
真実はどうかわかりませんが。

下部透水層の水位トレンド

そういえば、本日規制庁の定例レクで、タービン建屋東側(海側)下部透水層の水質調査状況について説明があったようです。

http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140624_07-j.pdf

4,5ページに10m盤、4m盤の互層トレンド最新版がありました。予想通りというか、C-4(No.2)とC-1(互層)はかなり接近していて、30cm差。C-3(No.1)は、ウェルポイントの引きが無かったら、同じ様な結果になると思ってましたが、なんとNo.1-8にすげ替えられてましたw

あと、22回目の特定原子力施設 監視・評価検討会の資料2-1(p.49)
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/tokutei_kanshi/data/0022_02.pdf
と比較しますと、ん?なんかおかしい...。今日の資料では、4m盤の互層C-1/C-2は、OP.3mを下回る事はほぼ無いのですが、経産省の資料では、完全にOP.3mより下にいってる!

2つの資料は【数値が違~う!】のです。【形もちがうし!】

もしかして、東電さん、手でにょろにょろ書いてない?w

Re: No.3-2とNo.3-3の深さ

よっちゃんさん

> 前にひとり事故調さんが示してくれた資料(p.16)
> http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/140120/140120_01c.pdf
> によると、それぞれ16mになってますね。

例の1月の資料ですね。そこまではチェックしていませんでした。16mですか。ありがとうございました。

仰るとおり、No.2エリアとNo.3エリアは水ガラスの壁が全く意味をなしていませんよね。そういう意味では高めの汚染が検出されたらすぐにウエルポイントで引くべきと思います。もちろん、No.3-2やNo.3-3の汚染が深いところがメインならばウエルポイントは意味がないのですが。

No.3-2とNo.3-3の深さ

前にひとり事故調さんが示してくれた資料(p.16)
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/140120/140120_01c.pdf
によると、それぞれ16mになってますね。

最近誰も問題にしてませんが、2-3/3-4号機間の水位トレンドは、水ガラスの高さを越流してるので(↓通しのp.10,11)
http://www.nsr.go.jp/disclosure/meeting/FAM/data/20140604_01_shiryo.pdf
確かにNo.3-2,No.3-3の汚染も海側に押し寄せると、よろしくないですね。(まあ、それをいうなら、No.2-6の全βとか護岸と遮水壁の間にドバドバ落ちてる訳ですが)

2-3号機のウェルポイントは、少し稼動させてるので、5m孔(No.2-5,2-6)の水位はちょっぴり下がってますが、3-4号機間は、なんもやってないので高いまんまです。1-2号機エリアの、No.1と5m孔の関係と同じですね。

Re: 1-14の深さ

よっちゃんさん

> このNo.1-14は、No.1-16やNo.1-17とは異なり、16mの深さまで掘られた観測孔なのですが
>
> 厳密には深さ19mだったですよね。7m盤にあるので、OP.-12m付近という意味では、4m盤の深さ16m孔であるNo.1-13やNo.1-6と同じという結論だったのでは?

失礼しました。その認識(7m盤で深さ19m)でいたのですが、ここでは単に5mに対して深い井戸という意味で16mという表記をしました。

ところで、深さの話が出たついでなのですが、最近掘られたNo.3-2とNo.3-3について、もし深さの情報をご存じでしたら教えてください。今回は書きませんでしたが、No.3エリアのこの二つのデータはちょっと高いので気になっています。


1-14の深さ

>このこのNo.1-14は、No.1-16やNo.1-17とは異なり、16mの深さまで掘られた観測孔なのですが

厳密には深さ19mだったですよね。7m盤にあるので、OP.-12m付近という意味では、4m盤の深さ16m孔であるNo.1-13やNo.1-6と同じという結論だったのでは?

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。