スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/16 海洋放射能汚染で魚を食べても大丈夫か?その20

さきほどYahooのサイトで見つけたニュース記事で、ちょっと???なことが書いてありましたので、コメントします。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000108-mai-soci

「福島第1原発2号機の取水口前の海水で、法令限度の6500倍に当たる放射性物質のヨウ素131の濃度を15日に検出したと発表した。2号機から海に流出していた高濃度汚染水の止水対策を実施した2日以降は濃度が低下傾向だったが、15日は一転して前日の約6倍と上昇に転じた。」

これは事実なのですが、その後の解釈が??なのです。


長いですが、Yahooのヘッドラインはリンクが切れることがよくあるので、全文引用させていただきます。

毎日新聞 4月16日(土)20時44分配信
『東京電力は16日、福島第1原発2号機の取水口前の海水で、法令限度の6500倍に当たる放射性物質のヨウ素131の濃度を15日に検出したと発表した。2号機から海に流出していた高濃度汚染水の止水対策を実施した2日以降は濃度が低下傾向だったが、15日は一転して前日の約6倍と上昇に転じた。東電は「シルトフェンスによる拡散防止の効果が出た可能性もある」と話す。同フェンス設置により汚染水が滞留し、濃度が上昇した可能性があるとみている

 一方、経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は濃度上昇について、「目視では、新たな汚染水の流入はない」とした。ただ、半減期8日のヨウ素が長く滞留することは考えにくく、見えないところから漏れている可能性も否定できないため、「今後のモニタリングデータを注視したい」と述べた

 また、東電は1~4号機建屋の地下水位が13日時点で、地表から7.2~6.6メートルまで上昇していると発表した。通常を約6メートル上回る。地下水からは放射性物質が検出されており、各号機の建屋に流入したり、建屋外の地下水などに広がる恐れがあるため、くみ上げて仮設タンクに移すことを検討している。【河内敏康】』


この文章の中で、東電がコメントしたとされることがどういうことかわかりますか?

・シルトフェンスによる拡散防止の効果が出た可能性もある。

つまりこれは、まだ高濃度の放射能を含む水が2号機から漏れだしているが、シルトフェンスを配置したので外に漏れ出さずに汚染水が滞留したということを意味します。
2号機ピットを含む図面

一方、保安院の西山さんの言葉は、新たな汚染水の流入を認めたくない、という趣旨です。実際、これまではずっと2号機スクリーン海水の濃度は下がり続けていました。それが昨日のサンプルになっていきなり跳ね上がったということです。

4/16_2号機スクリーン海水グラフ

元データはこちら。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110416h.pdf
グラフはこちら。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110416i.pdf

シルトフェンスの効果もあるでしょうが、滞留の効果がいきなり出るというのは考えにくいです。だからこれは、昨日になってどこからか新たに汚染水が流入してきたと考えるのが自然です。もちろん、今後のデータを注意深く見守っていかないと、正しい判断はできません。同時に発表された物揚場前や、4号スクリーン(2日前から微妙に場所が変わったようですが)のデータがずっと下がり続けていることが救いだと思います。明日以降のデータで、もし4号スクリーンのデータも上がってくるようであれば、シルトフェンスの効果もないという可能性もあります。

非常に注目すべきデータと考えて、明日以降も注意してみていきます。

最後に、右側に「FC2投票」を設置しました。皆さんの感想を知って、今後の内容に反映していきたいので、ぜひご協力ください。コメントがあればそれも一言お願いします。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

No title

私は、すべての出所を確かめるだけの資料を持ち合わせていませんが、確かに書いておられることの理論はよく分かります。

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。