スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/23 海洋放射能汚染で魚を食べても大丈夫か?その27

東京電力のHPに、海水の放射能汚染データが更新されました。

福島第一原子力発電所付近の海水からの放射性物質の検出について(第三十一報)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11042305-j.html

なんともう、第31報です。よくもまあ31回もつきあってきたものだと思います。
昨日の文科省のデータと合わせて、解説していきます。


まず、昨日の文科省データは、「4/22 海洋放射能汚染で魚を食べても大丈夫か?その26」を見てもらえれば書いてありますが、どこも不検出でした。

本日の東京電力のデータでは、沖合8kmと3kmの6地点を追加してから初めて全ての地点でデータが出ました。

全体的に見ると、海水中の放射性物質の濃度は下がっているように見えます。
今日のデータだけ見てもわかりにくいので、全体的に比較ができる、4/18-19日のデータと並べてみます。

下記は4/18-19の文科省データ及び東京電力のデータを合わせたものです。
4/19沖合データ


そして、こちらが4/21-22の文科省データ及び東京電力のデータを合わせたものです。
4/22沖合データ

この色合いの表し方は、「4/18 海洋放射能汚染で魚を食べても大丈夫か?その24」で説明したのと同じです。数字を並べるよりも、直感的に理解しやすいように色で表現しました。Cs-137の濃度を、>10000Bq/kg()、1000-10000Bq/kg()、100-1000Bq/kg()、10-100Bq/kg()、2.5-10Bq/kg()、2.5未満または不検出()、の6つのグレードに分けました。

3日間で拡散したからなのかどうかわかりませんが、下がってきています。というのも、その大元である、2号機スクリーン海水の濃度が沿岸のデータが着実に下がってきているため、沿岸部の濃度も4/6(2号機ピットの漏れを止めた日)からみると、1/10~1/100にまで低下してきています。沿岸部のデータは、22日現在で110-180Bq/kgにまで低下してきています。そのわりに、岩沢海岸、いわき市沖沖合3kmのデータがそれぞれ120、130Bq/kgであるのは、やはり数日のタイムラグがあるからでしょう。そのタイムラグを知るためにも、毎日データを取って欲しいのですが、悪天候でこの数日データがなかったのは非常に痛いです。

詳細なデータはここにあります。
文科省のHP
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110423g.pdf

さきほどの大元といった2号機スクリーン海水の濃度は下記にグラフで示します。

4/22ピット

実は、上のグラフで赤い2号機スクリーン海水のデータは物揚場前や4号スクリーンとは異なり、4/15と4/20の2回上昇しています。しかしながら、東電は2号機の取水口付近に、14日までにシルトフェンスを6カ所設置し、15日には、「止水板」と呼ばれる鋼鉄製の板7枚を配備しています。シルトフェンスの外では緑色で示したようにその影響が出ていません。シルトフェンスの効果は確実に出ていると判断していいと思います。一方で、なぜシルトフェンスの内側で濃度が急に上がっているのかは別の問題がありそうです。

東京電力のHPにある説明
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110421e.pdf

今後新たな放射性物質の漏れがなければ、徐々に海水中の放射性物質の濃度は低下していくでしょう。唯一心配なのは、いわき市沖3km(図でいう【10】の左上の)のデータがいつまでも100Bq/kgを超えていることです。

19日に330Bq/kgだったのが、22日は130Bq/kgに低下していますので、明日か、遅くとも数日後には100Bq/kgを割ってくると思いますが、生物濃縮を考えた場合に、いわき市で取れるコウナゴへの影響はまだしばらく出る可能性があります。
魚のデータについては、別の記事で水産庁のデータもふまえて改めて考察する予定です。

関連記事
にほんブログ村 科学ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。

コメント

プロフィール

TSOKDBA

Author:TSOKDBA
twitterは@tsokdbaです。
3.11では、停電・断水のため、一晩避難所で過ごし、震災後の情報収集をきっかけにブログを始めました。
これまで約4年間、原発事故関係のニュースを中心に独自の視点で発信してきました。その中でわかったことは情報の受け手も出し手も意識改革が必要だということです。従って、このブログの大きなテーマは情報の扱い方です。原発事故は一つのツールに過ぎません。

FC2カウンター
ブログランキング
にほんブログ村 科学ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑日本ブログ村ランキングに参加しました。よかったらクリックお願いします。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ふくしまの恵み(全量全袋検査の結果)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
こちらにもぜひご記入を!
読んだ感想を是非お聞かせください。
無料アクセス解析
おすすめのリンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。